お酒を飲みすぎるとハゲるのか?

お酒を飲んだからといって、すぐにハゲてしまう訳ではありません。
ただ、髪に悪影響を与えかねないというメカニズムは、実際のところあります。

 

具体的にお酒を飲むことでどのようなメカニズムが生まれるのか、ご紹介していきましょう。

 

お酒による髪への悪影響とは?

お酒の大半は、アルコールが主な成分となっています。
アルコールが体内に入って最初に代謝されるのは肝臓。
肝臓は体の隅々に送られている血管の大元となる部位です。

 

血管のポンプのような役割を担っている肝臓の働きが低下してしまうと、
それだけ血流促進効果が弱まってしまいます。

 

血流促進効果が鈍ると、
毛細血管までしっかりと栄養素が送られなくなってしまいます。

 

 

全く血液量がなくなるというわけではありませんが、
「流れの遅い川」のようなものです。

 

すなわちその川から流れ込む予定の栄養素がしっかりと毛乳頭に伝わらないということになります。
これが薄毛を引き起こす要因となります。

 

 

つまり簡素的に説明すると、
「アルコールを摂取をすることで肝臓の働きが鈍くなり、それだけ髪の毛を生成する血流が悪くなる」
ということが言えます。

コレステロールがアップしてしまうこともマイナス要因

お酒を飲むことでもうひとつの影響があります。
それはコレステロール値の上昇です。

 

 

お酒を飲むと、コレステロールや中性脂肪の数値が高くなります。
これらは脂質で水に溶けないため、固体として血液の中で固まってしまう恐れがあります。

 

また、お酒単体だけでなく、食べ物と一緒に摂取することで、
その食材の脂肪酸がうまく分解されないというリスクも高まります。

 

特に動物性脂肪の場合は分解されにくく、
血液をドロドロにしてしまう力が強くなってしまいます。

 

それが最終的に血液循環の悪さを引き起こし、
抜け毛を発症してしまうということになりかねません。

少量であれば特に問題はなし!

しかし、お酒を飲んだからといってすぐに薄毛になるわけではなく、
少量であれば問題ないでしょう。

 

 

ちなみに厚生労働省が発表している節度のある飲酒量として、
1日平均純アルコールで20g程度と言われています。

 

 

これは分かりやすく言うと、ビールの中ビン1本分程度、
チューハイの350ml缶が1本分程度となっています。

 

こういった数値を聞くと、そこまで摂生しなくても良いということがわかりますね。

 

お酒をたしなむ程度であれば、特に身体的影響はないと考えてよいでしょう。
むしろそれに合わせた食べ合わせなどを注意すべきです。

トップへ戻る