若いときから育毛剤を使った方が良いの?

育毛剤は予防する効果もあるので、
若い時から早いタイミングで使うのは効果的です。

 

ただ、そのタイミングは髪の変化を感じ取ってからでも十分でしょう。
ここではそのタイミングを検証していきます。

 

健康な段階で使う必要はナシ

若いうちから育毛剤を使用するのは予防にもなるので良いことですが、
抜け毛が目立ったわけでもなく、髪のコシがなくなってきたわけでもないのに、
あえて育毛剤を使う必要はないでしょう。

 

健康な状態で使ってしまい、
アレルギー反応や痛みが出てしまっては悪影響を及ぼしかねません。

 

そもそも髪の毛や頭皮が健康な状態なのに
毎月育毛剤に5,000円や6,000円払う人はいないでしょう。

 

髪の毛や頭皮に違和感を覚えてからで十分です。
あまりにも早い段階で使いすぎるとかえって耐性ができてしまい、
それが当たり前と体が解釈してしまいます。

 

そうなると育毛剤をやめた時に抜け毛が増えてしまう可能性があるので、
あまりに早いタイミングで使うのも考えものです。

 

どんなタイミングで使い始めればよい?

育毛剤を使うタイミングは
下記のような変化を感じ取ってから使うと良いでしょう。

 

・抜け毛のシーズンでもないのに抜け毛が目立つ
・髪が細くなってきている
・髪のコシがなくなってきている
・白髪が目立つようになってきている
・ボリュームがなくなってきている
・頭皮が硬くなってきている
・夕方に油っぽい髪質になりがち
・分け目の地肌が目立ってきている

 

上記、気になるところが出てきたタイミングで育毛剤を使うと良いでしょう。

 

「何歳から使用する」というよりも髪や頭皮の状態に合わせて、
使うタイミングを決めるのがベストな選択です。

トップへ戻る