MENU

ハゲてきた30代必見!薄毛が進行する理由はコレだ!

ここでは30代に限定し、薄毛になる原因と予防策を紹介していきます。
薄毛を自覚症状として最も感じられるのが30代。

 

ここでの対策が今後の大きな分岐点になります。
どんな対策を講じればよいか見ていきましょう!

 

同じ生活でも30代はなぜハゲる?

30代で薄毛になった人が病院で診察を受けると、
「睡眠不足」、「食生活の乱れ」、「ストレス」などを指摘されます。

 

しかし、こういった原因を聞いても、
「そんなことは20代のときから全く変わらないから関係ないよ!」
と受け止める人が多いです。

 

確かに30代で急激に生活習慣が変わる人も少ないでしょうから、
そういったことが原因と考えづらいのも頷けます。

 

ですがスポーツ選手でも30代になると
引退する選手が数多く出てくるように、
体の変化は間違いなく起こっています。

 

いい意味での変化ではなく、衰えが出てくるのが30代。
わかりやすいところでは体脂肪率が増えたり、
視力が落ちてきたり、筋力が落ちてきたりなどなど…

 

この機能低下の一つとして、「免疫作用の低下」が挙げられます。

 

免疫作用が低下すると薄毛が進行

免疫作用は噛み砕いて言ってしまえば、「防衛能力」。
ウイルスが近づいてきてもそこから防いだり、ブロックする役割です。

 

この能力が劣ってくるため、薄毛の原因物質が産生してしまうのです。
20代の頃から実は頭皮上ではある戦いが起こっていました。
それは男性ホルモンと5aリダクターゼの戦い!

 

鬼ごっこで言うと5aリダクターゼが鬼、
男性ホルモンが逃げている人です。

 

5aリダクターゼが男性ホルモンを捕まえると、
「ジヒドロテストステロン」というモンスターに変化します。

 

20代はまだまだ男性ホルモンが若いので、
鬼(5aリダクターゼ)がやってきても素早い身のこなしであっさりと逃げきってしまいます。
そのため薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロンが発症することはありませんでした。

 

しかし30代になると男性ホルモンの脚力も衰えてきます。
その結果、5aリダクターゼに捕まってジヒドロテストステロンに変化し、抜け毛が増えるというわけです。

 

5aリダクターゼから逃げ切るアイテムが必要!

もはや30代になると自分の脚力だけで
5aリダクターゼから逃げ切ることができなくなってきます。
そこで効果が期待できるアイテムがDHT抑制成分です。

 

この成分は、5aリダクターゼが追っかけてきたらバリアーを張って防ぐ効果があります。
ただ5aリダクターゼはめちゃくちゃ強い作用なので、次第にそのバリアも割って再び追いかけてきます。

 

それを防ぐには定期的にバリアーを張り続けること。
つまりDHT抑制成分を定期的に使い続けることこそが抜け毛を防ぐ対処法です。

 

では、そのバリアーとなるDHT抑制成分はどんなものがあるのか見ていきましょう!

 

有名なものではオウゴンエキス、ヒオウギエキス、
ビワ葉エキス、チョウジエキス、フィナステリドがあります。
この中で、フィナステリド以外の成分を兼ね備えている育毛剤があります。

30代の薄毛にお勧めの育毛剤

抜け毛のバリア成分を数多く含んだ育毛剤…
それはチャップアップです。

 

このチャップアップという育毛剤は口コミが体験談が非常に多く投稿されていますが、
こういった要素も原因として考えられますね。

 

30代には、特に効果が期待できる成分です。
こういったものを併用しながら、抜け毛の本数を少なくしていくことが大切と言えるでしょう。

 

 ※こちらのページでもチャップアップのレビューを掲載中です。