MENU

頭皮の乾燥が薄毛に悪い理由とその改善方法

頭皮はオイリーすぎてもよくありませんが、
乾燥しすぎてもよくありません。

 

頭皮の乾燥肌が薄毛によくない理由と改善方法を見て行きましょう。

 

乾燥肌が良くないわけ

オイリーも乾燥も良くない頭皮。

 

なぜ乾燥が薄毛の進行を引き起こしてしまうのか、
まずはその理由を見ていきましょう。

 

頭皮のバリア機能が弱くなる

皮脂は単にべたつくだけの悪者ではありません。
適量あることで頭皮を外部のダメージから守ってくれているのです。

 

細菌やほこりなどが毛穴に入って炎症を起こしたり、
紫外線による頭皮のダメージを防ぐための皮脂があることで、
毛髪が健全に成長することができるんです。

 

そんな頭皮のバリアの働きをしている皮脂が減ってくると乾燥してしまいます。
つまり乾燥している頭皮は、バリア機能の低い頭皮ということになります。

 

血行が悪化

頭皮の血行が悪化すると頭皮も乾燥してきます。

 

血行が悪いと、毛髪の栄養や成長因子が毛の種である毛母細胞に届かず、
毛の成長が悪くなってしまいます。

 

血行改善をして乾燥を防ぐことも大切ですね。

 

痒みの原因

頭皮に限らず、皮膚の乾燥はかゆみを引き起こします。
頭を掻く行動は、頭皮や毛根にダメージを与えてしまいます。

 

特に寝ている間に頭皮が乾燥して痒みが出ると、
無意識に強く頭皮を掻いてしまうため、非常に危険です。

 

頭皮の乾燥を改善するための方法

頭皮の乾燥を改善するための方法を見ていきましょう。
頭皮が乾燥しやすい人は、以下の対策を日常の習慣にしてくださいね。

 

脱脂作用の強いシャンプーを選ばない

シャンプーの中の重要な洗浄成分が界面活性剤です。

 

界面活性剤は泡立ちをよくし、頭皮の皮脂を浮き上がらせて取ることで、
シャンプー後にさっぱりした感覚を得ることのできる成分です。

 

ただし、脱脂作用が強い界面活性剤が入っているシャンプーは、
必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥へつながります。

 

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、
ラウレス硫酸アンモニウムなどの洗浄成分は脱脂作用が強いので、
頭皮が乾燥しやすいの人はこれらの成分が入っているシャンプーは選ばない方が無難でしょう。

 

保湿成分の入ったシャンプーを使う

シャンプーの中には、アロガンオイルなどの
植物系天然オイルを保湿成分として配合したシャンプーがあります。

 

また、シャンプーに含まれているヒアルロン酸やコラーゲンなども
保湿成分として有効です。これらの成分の入ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

頭皮の保湿剤を使う

特にシャンプーの後に頭皮が突っ張る感じがあったり、
ふけが多い人は保湿剤を使っておいた方がいいでしょう。

 

スプレーやローションなど、
自分の髪形や使用するタイミングに合った保湿剤を選んでみましょう。

 

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージは、頭皮の血行を促進して乾燥を防ぎます。
乾燥している人は頭皮が硬くなりがちですので、
湯船の中やお風呂上りにマッサージをした方が効果的でしょう。

 

マッサージの方法は、頭皮のマッサージの記事を参考にしてみてくださいね。