MENU

妊娠後の脱毛症はホルモンが原因

女性にとって妊娠はこれ以上にない人生の喜びであり、出産は一世一代の大イベントですね。
出産を経て、無事新生児が生まれて喜んでいるのも束の間、子育ての育児に追われて悲鳴を上げている女性も多いのではないでしょうか。

 

出産してから約3ヵ月後。
入浴中にふと排水溝に目をやると、大量の抜け毛があったとしたら、阿鼻叫喚を上げることでしょう。
しかし、多くの方がこれを体験しているのです。

 

「妊娠後に髪の毛が抜ける」
これは脱毛症の一種ですが、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

 

脱毛の原因はホルモンバランス

これまでも脱毛原因の1つにホルモンバランスの乱れが考えられるとご紹介してきました。
妊娠後の脱毛も、実はホルモンバランスに関係しているのです。
女性には「プロゲステロン」と「エストロゲン」の2つの女性ホルモンが存在しています。
通常はこの2つの女性ホルモンはバランスよく共存しています。

 

しかし、妊娠すると、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が盛んにすすみ、
エステロゲンの機能は一時的に低下及び停止します。
つまり、大袈裟に言えば妊娠中は常にホルモンバランスが乱れている状態と言えますね。
ただし、出産を終えると、再びエステロゲンの活動が再開します。つまりエステロゲンが分泌を始めるということです。

 

ここで注目すべきは、そのエステロゲンが分泌を行うスピードなのです。
女性ホルモンはとても早く、大量に分泌をはじめてホルモンバランスを整えようと試みます。
そのスピード体が追いつかないで、不調をきたし、ホルモンバランスが一層崩れてしまうのです。

 

エステロゲンの役割

もう1つ考えられる原因は、先に説明したエステロゲンの機能停止です。
エステロゲンには髪を成長させる機能があります。

 

髪を成長させるということは、具体的に説明すると
「髪が伸びて、古くなった髪は自然と抜け落ち、新しい髪を育む」この循環を指します。

 

しかし、妊娠中はこの循環が停止してしまいます。
つまり、髪は伸びていますが、次の工程である「古くなった髪を落とす」働きがなくなるのです。
本来ならば古くなった髪の毛は自然に抜け落ちますが、妊娠中は抜けなくなります。

 

故に、出産後にエステロゲンが再起動した際、妊娠中に抜け落ちるはずだった古い髪が、ここで一斉に抜け落ちるのです。髪は抜け落ちてから新しい髪が生えるので、一度に大量の髪が抜け落ちてしまうと、新しい髪が生えるまでのあいだは薄毛となってしまいます。

 

治療法はない

あいにくこれは妊娠と出産の代償のようなもので、これといった治療法はありません。
というのも、脱毛症ではありますが、一時的なものなので、
半年から1年程度でホルモンバランスは正常通りになり、脱毛症も完治します。

 

むしろ危険なのは、先に解説した知識を知らない人が、「どんどん抜け落ちてる!」、
「何かの病気かしら!」と必要以上に不安になって、精神を病んでしまうことです。

 

新生児の育児は大変です。
ストレスも溜まりますし、睡眠不足、食生活の乱れなども起きます。

 

余計な心配をすると返って逆効果となってしまうので、
出産後の脱毛は自然のことと考えて、気にしないことが大切です。