MENU

話題の植毛。その効果のほどは

「もう自然に生えてくることは見込めない」
「カツラか植毛かしか方法がない」

 

このように切羽詰った人がいます。
ほとんどの方は育毛剤をはじめ、薬の服用やクリニックなどを経験したのち、最終決断として選ぶ治療法かと存じます。では植毛は本当におすすめなのか。

 

植毛のメリットデメリットは何なのかを今回はご紹介したいと思います。

 

植毛は2つの種類がある

まず植毛とはどんな治療法なのかをご説明しなければなりませんね。
植毛治療には2つの方法があり、1つは「自毛植毛」、1つは「人工毛植毛」が挙げられます。
どちらも植毛と字の如く、毛を頭皮に植えるという点には変わりありませんが、異なる点は植える毛となります。

 

自毛植毛

自毛植毛は読んで分かるように、自分の毛を植えます。
分かりやすく、サザエさんの波平さんで例えてみましょう。
波平さんは前頭部から頭頂部にかけて脱毛していますが、後頭部は髪の毛がありますね。
この髪の毛を毛穴から引っこ抜いて、脱毛している部分に植えつけるのです。
あくまでも自分の髪の毛なので、植毛したあともしっかりと生えてきますので、自然な髪の毛を装うことができますし、成功したら満足度も高いでしょう。

 

人工毛植毛

こちらは髪の毛を人工的に脱毛部分に植えつける方法です。
髪の毛の量は自分で調整できますので、早く理想の髪の毛を手に入れることができるのが最大の魅力です。

 

植毛の欠点

上記の説明だけ読むと、「植毛って優れものだな」と考えてしまいますが、
実はデメリットの方が大きい治療法とも言えます。

 

自毛植毛は理想の髪の毛が手に入らない

まず自毛植毛は、元から生えている自分の髪の毛を他の脱毛部分に移すだけなので、
髪全体の密度は一度では増えません。
何度も手術をして少しずつ増やしていくのが前提となります。
また、自分の髪の毛を移すだけとは言え、移した髪の毛が確実に育つとも言い切れません。
中には毛穴に適応できなく、そのまま抜け落ちてしまう髪もあるでしょう。

 

人工毛植毛はリスクが高い

続いて人工毛植毛ですが、こちらは近年ではあまり活用されていない治療法でもあります。
デメリットは2つ。

 

1つはあくまでも人工毛なので、植えた髪は育つことはありません。
引っ張ったりして抜けてしまったらそれで終わりです。

 

2つ目は最大の副作用である「拒否反応」です。
人工毛は頭皮からすると異物となります。
異物を植え込むのですから、当然頭皮は拒絶を試みますね。
それは頭皮の炎症、痒みなどとして表れます。

 

また、一度手術をしてお終いではなく、
定期的に通って頭皮の状態、定着具合を調べたり、人工毛を植え替えたりしなければなりません。

 

植毛に共通するデメリット

まず、植毛は簡単に行える治療法ではありません。
メスを使って毛穴という鉢から植え替える行為となりますので外科手術となります。
最近は医療技術も発達して、一部メスを使わない治療法もあるようですが、リスクは先に述べた通りです。

 

そして「費用」です。
一回の手術で数十万円(範囲による)は必ずかかりますし、複数回手術を行わなければなりません。
また定期的のメンテナンス代も考えれば、クリニックと同じかそれ以上の費用がかかってくるでしょう。

 

植毛の治療行為は自然発毛を諦めた人が行うものなので、できれば育毛剤など自然治癒力を活かした治療法で育毛・発毛を望みたいところですね。