MENU

薬の服用は効果的?

現在日本の病院で公式に認められて処方できるのは「プロペシア」と「ミノキシジル」の二つとなります。
おそらく多くの脱毛患者は育毛剤と併用してこの二つの薬も使用していることでしょう。
ではこの二つの薬の効果は果たしてどの程度のものでしょうか。
また、使い続けるに値するのでしょうか。

 

薬の概要

男性ホルモンが増えると、DHTという物質が生成されます。
このDHTは脱毛の直接の原因となり、要は「髪の毛をこれ以上作るな」という指令を頭皮におくってしまうのです。
そのDHTの生成を抑えるのがプロペシアの役割となります。

 

一方ミノキシジルは現在頭皮に塗るタイプやタブレットタイプがあります。
こちらは血行を促進させる効果があります。
頭皮に通う血管を拡張させることによって、より多くの栄養を毛穴奥の細胞に送り届け、細胞分裂を促します。

 

一般的にはこのプロペシアとミノキシジルを併用するのが定番です。

 

効果は万人に見込めない

しかし、薬だからといって誰もが使用すれば発毛できるというわけではありません。
アメリカの研究では4人に2人は発毛効果が見込めるらしいのですが、言ってみれば五分五分ですね。
特にプロペシアは患者の体質に大きく左右されることが分かっており、効果のない体質の人であれば、いくら使っても髪は生えてきません。
脱毛患者に対して力を入れている病院では、プロペシアを処方する前に遺伝子検査を実施するところもあるようですが、まだまだ少ないのが現状です。

 

対してミノキシジルも同様です。
ミノキシジルは濃度によって効果が異なりますが、日本では濃度5%が許容範囲量となります。
ネット通販では5%を超える濃度のミノキシジルが販売されていますが、これらの商品は個人輸入など海外の製品となりますので自己責任のもと使用しなければなりません。

良薬口に苦し

薬と毒は紙一重と言うように、薬と名のつくものには当然副作用があります。
プロペシアとミノキシジルも同様に、最近の研究からどちらとも一定の副作用が確認されています。

 

まずプロペシアの副作用は「鬱病」、「性欲後退」、「勃起不全(インポテンツ)」などが懸念されています。
これは比較的最近の研究で分かったことで、まだ本当にこれらの症状がプロペシアの副作用かは断定できていませんが、可能性は高いというのが医学会の反応です。
次にミノキシジルですが、こちらの副作用は「多汗」、「慢性的な微熱」、「高血圧」、「息切れ」などが考えられます。
先に説明したように、ミノキシジルの効果は血管拡張作用です。
血液の流れを変える効果なので、裏を返せばこの副作用はあって当たり前と言えます。
ですので、もとから血圧が高い人などはミノキシジルは処方されない場合がありますので注意が必要です。

 

特にプロペシアの副作用は専門家の中には否定的な人もいて、日本ではまだこれらの副作用を、処方する際に説明しない医師も多くいます。

 

いつまで使い続ければいいのか

また、これらのデメリットとしては、「使い続ける必要がある」ということです。
髪の毛が生えてくれば薬の服用は必要ないように思えますが、中途半端にやめてしまうと、発毛・育毛が止まってしまう可能性もあります。
やめどきの判断はとても難しいので、こちらも医師の判断に委ねることになりますので、医師の知識、経験がものを言います。

 

このように、薬には副作用のリスクがあり、また誰もが効果を期待できるわけではありません。
長期的な使用となりますので、プロペシアとミノキシジルを処方してもらうときは、医師と綿密なカウンセリングを行いましょう。