MENU

薄毛治療に使われる薬ってどんなものがある?効果と副作用について

ここでは薄毛治療で用いられる薬について紹介していきます。
どんな作用を与えるのか、逆にどんな副作用のリスクがあるのか、
どこで入手できるのか徹底検証しました!

 

薄毛治療にはどんな薬が使われているのか?

 

薄毛治療薬は与える作用がいくつかに分類されています。

 

  • 血行促進作用を与えるもの
  • DHTを抑制するもの
  • 皮脂の酸化を防ぐもの
  • 抗炎症作用を与えるもの
  • 血管を拡張させるもの

 

血行促進作用を与えれば髪の毛を太くする力が強くなります。
もともと髪が生えていないと意味がありませんが、薄毛の人には効果のある作用です。
髪の毛が薄くなるのは頭皮周辺に存在する毛細血管の流れが悪くなっているのが最大の原因。

 

それ改善するのに血行促進作用があるトウキエキスやユーカリエキス、イチョウ葉エキス、
オタネニンジンエキスなどを投与するのは効果的です。

 

DHTを抑制するというのは簡単に言うと悪いホルモンを少なくすること。
特に男性の薄毛はこのDHTが影響している可能性が高いです。

 

髪が生えている人、若い人など男性のみんなにある男性ホルモン。
それが次第に劣化して5aリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結合しやすくなってしまうです。

 

その結果、悪い男性ホルモンに変化して髪の毛を生やす力が弱まることが薄毛の原因です。
DHTを抑制するにはフィナステリドが最も効果があります。

 

皮脂の酸化を防いだり、抗炎症作用を与えるものはグリチルリチン酸ジカリウムが有名。
フケやかゆみを取り除き、炎症を抑える作用があるため薄毛治療だけでなく肝炎や風邪薬、
アレルギー薬などにも使われていますね。

 

血管を拡張させる働きを持っているのはミノキシジルと呼ばれる成分のみです。
他にも血管拡張作用があると伝えられているものがありますが、医学的にはミノキシジルのみ有効。
ただ副作用もあるので心配して使っていない人も多いのが事実です。

 

 

薄毛治療には副作用を起こすものもある?

上記で紹介した成分の中に副作用が心配されているものもあります。
それはミノキシジルとフィナステリド。

 

例えばドラッグストアなどに売っている医薬部外品の育毛剤をチェックしてみると、
この2つはまず入っていません。

 

なぜならミノキシジルは第1類医薬品成分、
フィナステリドは医療用医薬品成分として分類されているからです。

 

ミノキシジルとフィナステリドの副作用として報告されている中で特に怖いのが性器への影響。
ミノキシジルは性欲の減退や性的機能の低下、フィナステリドにいたっては精子の形態異常なんていう報告も・・・。

 

例えば頭痛とか顔のむくみ、眠くなるぐらいだったら、まぁいいかなという気がしますね。
そんなことはかぜ薬や胃薬でもあることなので。
しかし体の異常をきたすようなものもあると、ちょっと安易に考えられない部分が出てきます。

 

例えばミノキシジルが100年ぐらい歴史のある成分だったらいいんですけど、
薄毛の外用薬として使用されたのが1980年代からなので30年ちょっとしか経っていない成分です。
フィナステリドにいたっては日本で認められたのが2005年と10年ちょっとしか経っていません。

 

すなわち、症例がまだまだ少なすぎるんです。。
自分の子供が将来大きくなった時に異常が出た、なんてなったら大変ですからね。
ちょっとネックとなる部分が完全に解消しきれていないかなという感じがします。

 

また普通の育毛剤に比べても単価が高く、
ちょっとだけ試そうにも経済的負担が大きいのもネックです。

 

経済的負担を軽減する個人輸入業者

国内でミノキシジルの外用薬と
フィナステリドが配合されたプロペシアを購入しようとするとかなり高いです。

 

保険もききませんからミノキシジルの外用薬なら7,000円ぐらい、
プロペシアなら8,000円ぐらいしてしまうことが多いです。
1ヶ月分でこんなに大きな金額になってしまいますから、
1年間使用したら確実に15万円は超えます。

 

それを抑えるために海外で売っているミノキシジルやプロペシアを入手しようと考え、
個人輸入業者を利用する人もいます。
確かに通常価格の3/4程度で買えることもあるんですが、
全て英字表記になっていてちょっと怖い感じ・・・。

 

日本人が飲むことを想定として作られていませんからね。
厚生労働省でも「個人輸入代行業者の薬は自己責任になるから
なるべく使用しないでくれ」というような記載があります。

 

もし、ミノキシジルやプロペシアを服用するのであれば、
副作用のリスクも含めた上で検討した方が良いですね。