MENU

育毛サロンと育毛病院の違いとは?

頭が薄く感じ始めたら、
今までは単にTVCMで有名な育毛剤を振りかけるというのがとても一般的でした。

 

それをちょっと進めると育毛サロンと呼ばれるクリニックで、
マッサージや独自のケアを受けるという選択肢があります。

 

そして現在、医薬品が認可されたため、病院で相談し、その薬を使うことができます。

育毛サロンとは

育毛サロンでは、頭皮の「ケア」をし、育毛剤の効果を高めるアプローチをします。
決して、医学的な施術によって「毛を生やす」わけではありません。
イメージとしては、エステサロンと同じです。

 

もちろん頭皮の状態を改善することは間違いなく大切なことです。
しかし、それだけで直接髪が生えるという医学的な裏づけはありませんので、
その点はしっかりと理解しておきましょう。

 

抜け毛に効果があるシャンプーを勧められたとしても、
本当に抜け毛が減ったことは、医学的には保証されていないのです。

 

 

頭皮の環境は日々の生活で作られる部分が多く、
ちょっと育毛サロンでマッサージしてもらったからといって、劇的に改善するわけではありません。
もちろん、その日の頭皮は状態がよく、気持ちがよいのは間違いありません。

 

その気持ちよさにお金を払うのであれば問題ありません。

 

しかしそれは一時的なものです。

 

自分でよく勉強して、生活全体を整えたり、
毎日のシャンプーに気を使うことに金銭的な負担はあまりありませんよね。

 

その上、毎日その効果が積み重なることを考えると、
育毛サロンの一時的な気持ちのよさとは金銭面との兼ね合いを十分考えて付き合うことが大切です。

育毛病院とは

育毛病院は、医学的に「効く」と認められた処置を行ってくれるです。

 

最も分かりやすい例を挙げれば、AGAの進行を止めるのに医学的な効果が証明された
フィナステリドを処方してくれるのが育毛病院です。

 

現在のAGA治療外来がある病院はまだ限られていますが、
その中でも専門にやっている病院と、力を入れていない病院では天地の差があります。

 

AGA外来があるだけで力を入れていない病院は、
フィナステリドとミノキシジルの処方だけしか行ってくれません。

 

専門で力を入れている病院では、セラピーや注射、レーザーなどの
毛が復活するための医学的な処置を行ってくれますし、自家植毛の手術をできる病院もあります。

通うならどちらが良いか

遺伝的要因と生活習慣による頭皮環境の改善の2点が薄毛治療のためには必要です。
育毛サロンでは、遺伝的要因に効く薬の処方はありません。

 

そして、頭皮環境の改善はまず日々の生活が大変重要ですから、
育毛サロンでの一時的な施術がどれだけ効果があるのかは大きな疑問が残ります。

 

ですので、どうせお金を払うなら、
まずは専門の外来のある育毛病院に行くのが正解ではないでしょうか。