MENU

保険適用の育毛剤はあるの?

育毛剤は1本で5,000円以上するものが多いので
保険が適用されないかなと思っている人もいるでしょう。

 

しかし残念ながら保険適用されないケースがほとんどです。
なぜ保険適用されないのか見ていきましょう!

 

「薄毛は病気ではない」という認識

薄毛治療は病気の治療という分別がされていないため、
健康保険が適用されないケースがほとんどです。

 

稀に皮膚の病気で治療する場合は
病院で処方される育毛剤の料金に保険が適用されるケースもありますが、
一般的には育毛剤で健康保険が適用されることはありません。

 

育毛剤が医薬部外品だろうが、第1類医薬品だろうが、
第3類医薬品だろうが関係なく保険は適用されません。

 

例えば、薄毛を放置していても体に悪影響を及ぼすたり、
生命に関わることはありませんよね。

 

すなわち体の一部が劣化してきたという認識なので、
病気になったという解釈はされません。

 

薄毛は自由診療という扱いになり、
治療してもしなくても良いものと判断されています。

 

一刻も早く治さなければいけないというものではないので、
今後も保険対象となることは残念ながら無いでしょう。

 

薄毛治療自体が保険適用外

薄毛治療は育毛剤のみならず内服薬を利用したり、
頭皮に直接栄養剤を注入していくHARG療法など様々なものがありますが、
いずれも保険の対象にはなりません。

 

例えば、かぜ薬や胃薬は保険が適用されて
薬代だけでもせいぜい1,000円から2,000円程度ですね。

 

しかし育毛剤や内服薬のプロペシアは
5,000円から1万円程度してしまいます。

 

保険適用なら風邪薬や胃薬と同等の値段で済むはずですが、
残念ながら高額な治療費になってしまうのが現状です。

 

病気を治すというより美的要素が強いものは全て保険適用外です。
例えば整形やエステなども当然保険適用外です。

 

そういったものと同じ分類と考えておく必要があります。