MENU

薄毛、禿げはどこまでが許せる?

脱毛患者の皆さんは
「恋人に薄毛のことを言ったらどんな反応するかな」、
「もしかしたら彼(彼女)私の薄毛に気づいているんじゃ…」

 

と不安にかられながらパートナーと愛を育んでいる方もいるのではないでしょうか。
抜け毛程度であれば、まだ外見はそう変わりありませんが、薄毛は進行していくと確実に親しい人には感ずづかれるものだということは覚えておきましょう。

 

薄毛がばれるケース

では、どのようなケースに陥ったときに自分が薄毛であることをパートナーにバレてしまうのでしょうか。
これは男性、女性双方に言えることなので、是非注意深く読んでください。

 

寄り添ってバレるケース

例えば夜の公園のベンチで夜景を見ながらお互い肩を並べる。
男性は恋人の肩に手を置き、女性は彼氏の肩に頭を預ける。恋人の定番ですね。

 

しかし、ふと男性が肩に置いた手を彼女の頭に移動して、髪の中に手を入れてをクシャクシャとした瞬間、「あれっ?」と彼氏は絶句。女性も我に返り、「しまった!」と焦りを隠せないでいます。

 

薄毛は見た目で分からずとも、髪の中に手を入れたらすぐにバレてしまいます。
明らかにボリューム、髪の量が少ないので、もし自分の彼女が薄毛だったら、
パートナーは冷めてしまうかもしれませんよ。

 

髪の毛を切ったときにバレるケース

これが一番多いですね。
男性が美容院で散髪している際、髪の毛をかきあげてみると、こめかみの上部分が脱毛していた。
いわゆるM字禿げに美容院で気づいたというケースは多々あります。

 

そして、誰にも言えないショックを隠したまま恋人と会い、「さっぱりしたじゃん」と褒められたのをよそに、
男性はいつバレないか心配を抱えることになります。
風で前髪がなびいた瞬間、髪の毛を触られた瞬間などに逐一気を遣うことになるでしょう。

 

脱毛症の許容範囲は?

しかし、薄毛に悩む人にとっては「じゃあ、どこまでが許せて、どこまでが駄目なんだよ」と憤りを感じることでしょう。
そこで、前回某有名女性雑誌で「彼氏の禿げはどこまでが許容範囲内?」という興味深いアンケートがありましたので、こちらの女性の意見をご紹介したいと思います。

 

「彼氏のM字禿げが付き合ったあとに発覚した。3ヶ月で別れました」(20代/女性/会社員)

 

「育毛剤やクリニックで治療に励んでいるんだったら許せるかな。
外見を意識しなくなったらそこで終了」(30代/女性/事務)

 

「スカスカな薄毛は嫌かな。だったら坊主にした方が許せる」(20代/女性/コンサルティング)

 

「元彼は薄毛でも脂ぎっていた。あれは最悪。不潔だし触りたくない」(20代/女性/営業)

 

「クリニックに通うくらい進行していたら嫌だ。
子供も禿げる可能性があるから、結婚は無理かな」(30代/女性/主婦)

 

「抜け毛で悩んでいるくらいは可愛い。
自分も抜け毛が多いから、一緒に治そうかって相談し合える」(20代/女性/学生)

 

「坊主の方が格好いい」(10代/女性/学生)

 

このような意見が集中していた結果となりました。
まとめてみると、「髪の毛の量が目に見えて少ない人はアウト」であり、
「抜け毛、薄毛に悩んでいる程度であればセーフ」と言えます。

 

また、薄毛に悩むくらいならいっそのこと頭を丸めてしまった方がいい、と言う意見も少なくありませんでしたね。
さらに女性特有の考えでもあるかと思いますが、「子供も禿げたらかわいそう」という意見も多く見受けられました。
将来のパートナーを意識した発言なので、比較的20代後半から30代の女性に見られる意見でした。

 

クリニックへ行ったり、育毛剤を使っていることは、
彼女としてはあまり知りたくない様子で、密かに治すのがおすすめと言えるでしょう。