MENU

育毛剤で本当に毛が生えるか心配

育毛剤を使っている脱毛患者が必ず陥る心配の種が
「この育毛剤で本当に毛が生えるのだろうか」、「育毛剤って本当に効果があるの?」というものでしょう。
まず100%の脱毛患者の方がこの不安を日々抱えながら育毛剤を使用していることかと思います。

 

育毛剤は特効薬ではない

まずご理解いただきたいのは、育毛剤というのは使ってすぐに効果を発揮するものでも、
確実に毛が生えるものでもないということです。

 

「リピーター率90%」、「絶対に生える育毛剤」などと謳ったキャッチコピーの育毛剤も多数出回っていますが、もし100%誰もが発毛を実感することができるのであれば、この世に発毛クリニックもなければ植毛やカツラに頼る人もいません。それこそ世界に認められて、ノーベル賞を受賞することができるでしょう。

 

しかし、現実はそうはいきません。
数ヶ月使ってみて「効果がまったく見られないな」と感じれば、人は疑心暗鬼に陥り、別の育毛剤に切り替えようと考えます。育毛剤は使用して効果がある人もいれば、まったく効果がない人もいるというのが正直な話ですね。

 

効果は序々に表れる

まず、育毛剤を使う上で大切なのは「効果は目に見えない形で訪れる」ということです。
これは薄毛に悩んでいる人にも共通していえます。
ある朝目が覚めて、鏡を見たら突然髪がなくなっている。そんなことはありませんね。
自分では気が付かないところで頭皮環境が序々に悪化していって、少しずつ髪の毛の量が少なくなっているのです。
時には抜け毛として目に見える場合もありますが、往々にして進行というのは実感できるものではありません。

 

これは育毛剤でも同じです。
育毛剤には頭皮環境を整えるあらゆる有効成分が含まれています。
きちんと正しい使い方で使い続ければ、一定の効果は誰もが実感できるはずなのです。
肝心なのは、実感できるまで使い続けることができるかということです。

 

例えば、育毛剤を使ったことによる初期症状は、「抜け毛が減る」、「髪が気持ち太くなった」、「ツヤが出てきたかもしれない」、「髪にコシがある」、「パサつき、脂性が改善された」などが挙げられます。
どれも髪の毛の量が増える要因には直接なりませんが、しかし、この過程を無視して薄毛は改善されません。

 

当サイトでは主に育毛剤を推奨していますが、少なくとも半年は使い続けなければ、どんなに高級な育毛剤であろうと実感することはできないでしょう。
育毛剤の市場がこれほどまでに大きくなっている要因として「育毛剤の効果を疑う人が多い」ことが挙げられます。
自分が使用している育毛剤を疑えば、商品を切り替えるきっかけになりますし、そこで「この育毛剤は本当に実感できる」というキャッチコピーを目にすれば、誰もがその商品を購入したいと思うでしょう。
結局はその繰り返しとなるのです。
育毛剤に含まれている成分というのは、どの育毛剤もそれほど変わるものでもありません。
一つの育毛剤を使い続けてみると、気が付いたときに効果を実感できるというものです。