MENU

毎日使うからこそ超重要!べたつきの少ない育毛剤はこれだ!

育毛剤を使う時にベタつくから嫌だという人もいます。
確かに寝るときに枕に臭いやベタつきが残ったり、外に出た時もベタついていると印象が悪いですね。
ここではベタつかない育毛剤を検証してみました!

 

べたつきが少ない育毛剤は「チャップアップ」と「FINJIA」が2強!

 

育毛剤にはべたつきが気になるものもあります。
例えばミノキシジル配合の育毛剤はちょっと独特のにおいやべたつきがあったり・・・。

 

最近の育毛剤は使い心地にもかなり力を入れているため、べたつきは少なくなっていますが、
それでもやはり気になる育毛剤があるのも事実です。

 

私自身、数多くの育毛剤を試してみましたが、
使用感で言えばチャップアップFINJIAの2つが良好でした。
毎朝仕事前につけて行っても髪がべたつく事がなく、髪型が崩れることもありませんでした。

 

 ※個人的な感想ですが、当サイトで2位にしているポリピュアは、少しべたつきを感じます^^;

 

育毛剤のべたつきが気になる人は、
チャップアップかFINJIAのどちらかを選んでおけば間違いないと思います。

 

べたつく理由は育毛剤だけではない?

 

チャップアップやFINJIAを使っているけど、べたついた感覚になってしまうこと場合・・・
それは育毛剤の成分と頭皮上に流出した皮脂が混ざり合っていることが原因である可能性が高いです。

 

問題点は育毛剤よりむしろ自分の頭皮の問題です。
例えば育毛剤をつけなくても1日が終わる頃には髪がすっかりへたってベタベタになる人がいます。

 

特に前髪部分がベタベタになる人が多いでしょう。
それはおでこ上に浮き出た皮脂が前髪と吸着し、べたついた髪質を生み出しているのです。

 

この場合、改善すべきは自分の頭皮状態です。

 

頭皮に皮脂が全くない状況にすることはできません。
むしろ程よい皮脂がないと頭皮が傷つきやすくなるので、ある程度の角質は必要です。
では皮脂が過剰に出ないためにはどうすればよいか。

 

それは普段の食事が大いに関係しています。
最大の要因は皮脂の原料とも言える脂肪。

 

普段の食事でコレステロールが多いものばかり食べていると、血中コレステロール濃度が上がってしまい髪質に変化が生まれ、髪の周辺に存在する皮脂腺を刺激し、皮脂が流出してしまう恐れがあります。

 

具体的な食材としては卵や豚肉は注意が必要です。
例えばサラリーマンの方で意識せずにコレステロールが上昇してしまうのがお昼ごはんと夜ごはん。

 

お昼ごはんに菓子パンやカップラーメンを食べるだけでもコレステロールが過剰に摂取されてしまいますし、夜ご飯も居酒屋で天ぷらやフライなどの揚げ物は好ましくありません。
食生活を見直すことで髪のべたつきを抑えられる可能性があります。