MENU

育毛剤を選ぶ際の3つのポイント

ここでは育毛剤を選ぶときの3つのポイントを紹介していきます。
何よりも「効果があるのか」が最も大事ですね。
ただ少なくとも半年、長期的に使う場合は何年も使用することが予想されますから、効果があってもあまり高すぎる育毛剤はできれば選びたくないですね。
ここでは効果や費用面などあらゆる角度から検証していきます!

 

続けやすい価格かどうか

育毛剤を選ぶときは値段も重要なポイント。
世の中には数多くの育毛剤が販売されていますが、安いものなら3,000円ぐらい、高いものだと1万5,000円ぐらいしていしまいます。
まずは人気がある育毛剤の価格を比較してみましょう!(価格は最安値購入時)

 

  • リアップX5+ローション 60ml 6,750円
  • カロヤンプログレEX O 120ml 3,274円
  • チャップアップ 120ml 6,000円
  • フィンジア 50ml 9,980円
  • ポリピュアEX 120ml 6,800円
  • ブブカ120ml 5,980円
  • マイナチュレ 120ml 3,790円
  • Deeper3D 60ml 1万3,860円

 

上記のように配合されている量や値段はバラバラですね。
1万円を超えてしまうとちょっと経済的負担が大きいのかなという印象があります。

 

ただ単に値段で惑わされてしまうところがありますが、内容量もしっかりチェックしておく必要があります。
Deeper3Dなんか他の育毛剤と同じように120ml分を購入したら2万7,720円・・・。
ちょっとこれでは長期的に続けるのは苦しいかもしれません。

 

 

どういう成分を見ればよいのか?

 

男性ならマイナチュレのような育毛剤では効果があまりない可能性があります。
なぜなら男性の薄毛に効果がある成分が入っていないからです。

 

男性の抜け毛の原因は悪性の男性ホルモン。
専門用語ではジヒドロテストステロンと呼ばれます。
ジヒドロテストステロンを阻害する作用が育毛剤に入っていないと男性の薄毛は治らないんですよ。

 

ジヒドロテストステロンを阻害する作用は下記のような成分です。

 

  • ノコギリヤシ
  • ヒオウギエキス
  • ビワ葉エキス
  • プラセンタ
  • T フラバノン
  • キャピキシル
  • カプサイシン
  • イソフラボン
  • オウゴンエキス
  • M-034
  • アロエエキス

 

ちなみに育毛剤ではないですが内服薬として使用されるプロペシアにもジヒドロテストステロンを発生させない成分が入っています。
育毛剤をチェックするときは、上記いずれかの成分が入っているものを選ぶべきです。

 

これらが持つ効能は正確に言うとジヒドロテストステロンを産生してしまう5aリダクターゼとテストステロンの結びつきをブロックするもの。

 

例えば、風邪をひくときはウイルスが体内に入って粘膜に吸着し、炎症を起こし、風邪になってしまいます。
それと同じようにもともと毛根部分に存在するテストステロン(男性ホルモン)にウイルスのような存在の5aリダクターゼ(還元酵素)が毛根部分に侵入して、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンが生まれてしまうというわけです。

 

髪が生えている人、薄毛の人問わず男性ホルモンはあるものです。
それを阻害するのではなく、薄毛の原因物質である5aリダクターゼを近づけないようにするのが、これらの成分というわけです。

 

 

育毛剤の信用できる口コミはあるのか?

 

育毛剤を販売しているホームページのクチコミや体験談はあまり参考にしない方が良いでしょう。
販売するのが目的ですから「効果が無い」、「意味が無い」などの口コミがあるわけがありません。

 

また個人のホームページもその商品を売りたいがために記載しているものもありますから、完全に信用できるものではありません。

 

では何なら信用できるかというと、Yahoo知恵袋や頭皮の写真付きで掲載しているブログやホームページです。

 

Yahoo!知恵袋は利害関係なく、育毛剤の疑問を投げかけている人が多いです。
それゆえ信憑性のある質問や回答が見受けられます。

 

ちなみに2ちゃんねるも利害関係なく討論がされていますが、ただの悪口だったり、個人的見解が強すぎるのであまりお勧めできません。

 

そして頭皮の写真を掲載した口コミもある程度信用できるといってよいでしょう。
唯一無二の結果が写真によって現れているので信憑性が増していますね。

 

いくつかの口コミを見てみると、やはり副作用を意識してリスクの低いものを使用していることがわかります。
例えばリアップに配合されているミノキシジルは低血圧症や不整脈、胸の動悸などがあるので使っている人がかなり少ないです。
医薬部外品にあたるチャップアップやフィンジア、ブブカなどの感想が多く見られました。

 

具体的なコメントでは、

 

「頭皮に痛みや痒みがないタイプなので使いやすい」
「使用して3ヶ月になってようやく抜け毛の量も減ってきて良い傾向!」
「もともと体質的に毛が細かったけどチャップアップを使ってから髪のコシが出てきた感じがして、使っていくうちに髪質の変化を感じる」

 

上記のようなコメントがあり、医薬部外品の方が人気が高いということをうかがわせます。

 

以上、育毛剤を選ぶ際の3つのポイントについて紹介しました。
育毛剤の値段、効能、評判の良い口コミなどを総括し、検討してみてはいかがでしょうか。