MENU

育毛剤が選ばれる理由

髪の毛を生やす方法というのは日本では何パターンか存在します。
すでに定番になっているものから、最近注目されている画期的な治療法までありますね。
しかし、総合的に考えてみると、やはり育毛剤が最も人気を博しているようです。

 

脱毛に気づいた初期段階では育毛剤で様子をみて、
さらに状況が悪化しているようならばクリニックや薬の服用、植毛などの治療方法を検討します。

 

それで解決すればいいのですが、そうでない患者の場合は、
往々にしてスタート地点である育毛剤に収まる傾向にあるようです。

 

育毛剤の秘められた魅力

育毛剤は各化粧品メーカーが多額の出資を用いて研究開発を行っているので、
適切な方法で使えばある程度の効果は見込めるはずなのです。

 

しかし、育毛剤を使ってもまるで効果がない、という方がいます。
これは一重に「発毛と育毛剤に関しての知識不足」が原因として挙げられます。
それを知らずに使用して、「効果がないからクリニックに行こう」と考えます。

 

しかし、クリニックは結局のところ正式な医師免許がありませんので薬の処方はできません。
簡単に言えば、「自分が今まで行っていた育毛剤を、プロの人の手によって適切、効果的に使用してくれる」といったところです。

 

もしクリニックの方と同じくらいの知識と技術を持っていれば、
クリニックに通う必要はなく、自分で行っても同様の効果が期待できるはずなのです。

 

病院での薬の副作用の危険性

次に病院で薬を処方してもらう方法ですが、こちらは副作用のリスクが考えられます。
発毛・育毛の類は例え薬をもってしても短期間で生えてくるものではありません。
ゆえに、何ヶ月、何年も薬を服用しなければならないので、使い続けるだけ相応の副作用のリスクがあります。

 

薬を使い続けてから体調が悪くなった。だるい、欝気味、頭皮が痒いなどの症状が発生したら、もしかしたら薬が原因かもしれませんね。しかも、副作用を受けてまで髪の毛が生えてこなかったら、まさに踏んだり蹴ったりです。

 

植毛やカツラのデメリット

そして植毛やカツラですが、これは脱毛患者にとっては最終手段の治療法となるでしょう。
なぜならこれらの治療法は脱毛症の根本的な解決から逃げて、見せ掛けの髪の毛を作るに他ならないからです。
強い風や雨にいちいち気にしなければなりませんし、ふとした拍子でカツラがとれてしまうことだって考えられますね。
また植毛も副作用がつきもので、頭皮が疼く、痒い、炎症を起こすなどが考えられますし、自分の理想の髪の毛の量にならないことも多々あります。

 

育毛剤は安く副作用のリスクも少ない

このように、脱毛の治療法にはそれなりの欠点があり、副作用が考えられます。
しかも治療の料金はご存知の通り法外ですね。
数十万円で済めば儲けもので、ほとんどの人は百万単位で治療費が発生するのが常です。

 

そうなると、患者の皆さんは「やっぱり育毛剤か」と考え直すようになるのです。
一本あたりの料金が安く、副作用のリスクも他の治療法と比べるとずっと少なく、
また自宅で気軽に利用できるので大切な休日を無駄にすることもありません。

 

しかし、冒頭でもご説明した通り、育毛剤のみの使用で効果を求めるのであれば、まずは正確な使用方法を習得しなければなりません。次に生活習慣を規則正しくし、体質以外の脱毛原因を解決することに努めなければならないでしょう。これは他の治療法と併用しても同じことが言えます。

 

育毛剤の商品群は日本は世界トップクラスです。
うまく有効活用して、自分の理想の髪の毛を手に入れましょう。