MENU

育毛剤はどこで売っている?市販で買えないものとは

育毛剤を買うときは実店舗はもちろんのこと、
ネットでも購入が可能です。

 

成分によっては病院やクリニックでしか入手できないものも存在します。
どんなところで売っているのか見ていきましょう!

 

日本製のものは全て簡単に入手可能!

日本で販売されている育毛剤は病院や
クリニックを経由しなくても気軽に購入することができます。

 

病院やクリニックによっては独自で成分を配合し
処方しているケースもありますが、基本的にはどんな育毛剤でも
ドラックストアや薬局で購入することが可能。

 

ただ一部の商品は第1類医薬品や第3類医薬品に該当するため、
薬剤師に相談して使用が認められて初めて入手することができます。

 

しかし厚生労働省が発表している販売規制の法律では
「対面で」という記載はされていません。

 

つまりネット販売でも薬剤師が
購入者の状況を確認することさえできれば、ネットでも購入可能です。

 

実際、第1類医薬品に該当するリアップ、
第3類医薬品に該当するカロヤンガッシュがネットで販売されていますから、
実質的にはどこでも買えるということになりますね。

 

医薬部外品の育毛剤なら当然どこでも購入可能です。
薬剤師がいないようなところ(ロフトや東急ハンズなど)
でも販売されているぐらいなので、簡単に入手することができます。

 

海外の育毛剤の場合

日本の育毛剤は簡単に入手できますが、
海外の育毛剤は日本の実店舗、ネットで販売されていません。
海外の医薬品は厚生労働省が認証していないため、入手が難しくなっています。

 

ただ成分的に認めていないというよりも、
海外の医薬品で日本での販売申請がされていないから
許可が得られていないというのが実情でしょう。

 

例えばミノキシジルが入ったロゲインやカークランドは
リアップと同じ作用ですから、こちらを使っても問題ないでしょう。

 

しかもリアップより安いですから、
海外からわざわざ輸入して買っている人もいるぐらいです。

 

その他にも育毛剤のポラリスなど、
医療用成分を含んだものが海外にはあります。

 

もしそういったものを入手したい場合は
輸入代行業者を経由して買うのが唯一の手段です。

 

簡単に言うと、「海外の育毛剤を代理で輸入して販売する業者」のことです。
法律的に海外の薬を使うことに問題はありませんが、
「すべては自己責任になります」という記載が厚生労働省のホームページにもあります。

 

その点踏まえて決断するようにしましょう。