MENU

海外の育毛剤にはどんなものがあるの?

海外の育毛剤には日本の育毛剤には
見かけないような成分が配合されていたり、配合量のものがありします。

 

具体的にどんなものがあるのかご紹介していきましょう!

 

海外では多種多様な育毛剤が存在!

日本の場合、医療用として扱われている
ミノキシジルが入った育毛剤が販売されていますね。

 

しかしミノキシジルは5%まででそれ以上のものはありません。

 

海外ではミノキシジルが5%以上入っていたり、
それ以外の医療用成分を育毛剤として配合していることもあるんです。

 

ロゲインやカークランド

まず、ミノキシジル配合の育毛剤で見ていくとロゲインやカークランドがあります。
ロゲインはリアップの本家本元ともいえるもので、ミノキシジルが5%配合されています。

 

そしてロゲインのジェネリック医薬品にあたるカークランドも存在します。
カークランドの1本の値段は3,000円前後。

 

日本で販売されているリアップは1本で7,000円以上しちゃいますから、
その半値以下で購入できるというのは驚きですね。

 

ポラリス

そしてさらに驚きを与えてくれるのがポラリスシリーズ。
海外では「ポラリス」という商品名の育毛剤が販売されています。
なぜシリーズかというと、数種類のタイプが販売されているからです。

 

現在発表されているのは、

 

・ポラリスnr-07
・ポラリスnr-08
・ポラリスnr-09
・ポラリスnr-10
・ポラリスnr-11

 

上記5種類です。
それぞれミノキシジルの配合量が違います。

 

・ポラリスnr-07⇒ミノキシジル5%
・ポラリスnr-08⇒ミノキシジル7%
・ポラリスnr-09⇒ミノキシジル15%
・ポラリスnr-10⇒ミノキシジル16%
・ポラリスnr-11⇒ミノキシジル12%

 

日本では最大でミノキシジルが5%ですから、
最高16%も入っている育毛剤はかなり作用が強そうですね。

 

ちなみにポラリスnr-10にはミノキシジルだけでなく、
フィナステリドも0.1mgですが配合されています。

 

フィナステリドといえば日本では内服薬のプロペシアに入っていることで有名です。
それを頭皮に付けちゃおうという発想が海外ならではですね。

 

日本は慎重に慎重を期して医薬品として承認されますが、
海外は比較的作用を重視して副作用を恐れず医薬品にしている印象があります。

 

 

海外から輸入も可!しかし自己責任

 

こういった海外の育毛剤は作用が強いので、
「ちょっと使ってみたい」という気もしますね。

 

入手方法としては個人輸入業者からの購入が挙げられます。
個人輸入業者というのは海外の医薬品を取り寄せて個人に販売する業者です。

 

「薬を転売目的や不特定多数の人に配ることを目的」
とした輸入は禁止されていますが、個人で販売するのであれば許可されています。

 

日本には海外の薬を使って病を治そうとする人も
少数ながら存在しますので、そういった法律が適用されています。

 

この法律の穴といっては変ですが、
その部分を生かして海外の育毛剤を売っている業者もたくさんあります。
もちろん上記紹介したロゲインやカークランド、ポラリスなども販売されています。

 

効果が期待できる反面、強い作用によって低血圧の方や心臓疾患がある方、
不整脈の方に障害が出てしまう可能性もなくはありません。

 

もし何か副作用が出たとしても、
海外の医薬品は全て自己責任になってしまいます。

 

補償金が出たり、アフターケアをしてくれるわけではないので
十分体調を熟考してから検討したいですね。