MENU

育毛剤には医薬品と医薬部外品があるけど、どう違うの?

日本で販売されている育毛剤のほとんどは
医薬部外品ですが、中には医薬品に該当するものもあります。

 

どんな違いによって分類されるのか、
そしてそれぞれの効果や特性についても詳しく見ていきましょう!

 

医薬部外品と医薬品の育毛剤を見ていこう!

まずは日本で販売されている育毛剤を種類別に見ていきます。

 

第1類医薬品

・リアップ

 

第3類医薬品

・カロヤンガッシュ

 

医薬部外品

・チャップアップ、薬用プランテル、ブブカなど

 

何を基準に分類されるかというと「成分の作用」です。
医療用成分が配合されているかどうかによって分類が変わってきます。

 

リアップはミノキシジルが要因で第1類医薬品に分類されていますし、
カロヤンガッシュはカルプロニウム塩化物が要因で第3類医薬品に分類されています。

 

簡単に言ってしまえば、

 

「作用が強いので医師が患者の状態を判断してからじゃないと使えませんよ!」

 

というのが医薬品の成分です。
例えば第1類医薬品として育毛剤以外にも鼻炎薬のアレグラ、
鎮痛薬のロキソニン、胃腸薬のガスターテンなどがありますね。

 

こういったものも全て作用が強いです。
医師や薬剤師が在籍しているところでないと入手することができません。

 

もし誤った使い方をしたり、症状が別の原因なのに使ってしまうと
症状をさらに悪化させてしまう可能性もあるので、安易に使用できないようになっています。

 

 

医薬品と医薬部外品はどのように分類されるのか?

例えば、「この成分が入っていたら医薬品」、
「この成分が入っていたら医薬部外品」というような
明確な基準は厚生労働省にしかわからない部分があります。

 

なぜなら厚生労働省が成分を分析し、効果が認められたり、
リスクがないと判断されたもののみ医薬品として扱っているからです。

 

もちろん厚生労働省に専門家がいるわけではないので、
薬の成分に詳しい専門家や医学、薬学に関する知識を持っている人が集まり、
審議会を行い医薬品として処方するかどうかを決めています。

 

一つの判断基準が「強い作用」ですから、治る可能性が高いだけでなく
副作用が起こる可能性が高いものも必ず医薬品に分類されています。

 

そういった点を考慮すると育毛剤を選ぶときも、
「ちょっと抜け毛を落ち着かせたいな」という程度ならば、
リスクの高い医薬品より医薬部外品でまずは試した方が無難です。

 

 

医薬品の注意点とは

第1類医薬品のミノキシジルには血管拡張作用があります。

 

また第3類医薬品のカルプロニウム塩化物にも
ミノキシジルほどではありませんが、局所血管拡張作用があります。

 

いずれも発毛を促す効果が期待できますが、副作用があるのも忘れてはいけません。
特にミノキシジルは低血圧も招いたり、動悸が生じることもあるので注意が必要です。

 

ミノキシジルが配合されているリアップは近年
ミノキシジルの配合量を1%から5%に増量させています。

 

薄毛改善率をアップさせようとしている狙いがあると思われますが、
その分副作用の確率も上がった可能性が高いです。

 

医薬部外品のものとは違って「体に悪影響があることもある」ので、
それを踏まえた上で利用することが必要です。