MENU

食事療法。たんぱく質が髪を作る

髪の毛はたんぱく質で構成されているのはご存知でしょうか。
つまり、たんぱく質が含まれている食事の摂取を続ければ、既存の髪の毛は太く、コシがでて、また新たに髪の毛が生えてくる見込みがあると言えます。

 

2種類のたんぱく質

たんぱく質は普段の皆さんの食事できちんと摂取することができています。
むしろ過剰摂取をしているくらいです。
しかし、たんぱく質には2種類あることを覚えておかなければなりません。

 

まず1つが「動物性たんぱく質」です。

肉類、魚介類、チーズ類に含まれているたんぱく質を指します。
もう1つが「植物性たんぱく質」です。
こちらは主に野菜や大豆製品に含まれているたんぱく質となります。

 

次に植物性たんぱく質です。

こちらのメリットは比較的低カロリーです。
お豆腐やサラダから摂取することができるので、女性の方でも安心ですね。
ただし、先に解説したとおり、動物性と比べるとアミノ酸構成の働きが若干低いことがデメリットとして挙げられます。

 

ではどちらがおすすめなのでしょうか。
実はどちらもメリットとデメリットがあるのです。

 

例えば、動物性たんぱく質をたくさん摂取すると、皆さんも案じているように太ります。
特に肉類に含まれている動物性たんぱく質はかなり高カロリーなので、肥満の原因にもなりますね。
しかし、動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質よりも体内でアミノ酸構成の働きが高いというメリットもあるのです。
冒頭では髪の毛はたんぱく質で構成されていると説明しましたが、そのたんぱく質をさらに分解してみると、それはアミノ酸が構成されているという意味です。
つまり、たんぱく質を作るためには、まずアミノ酸が生成、構成されなければなりません。
動物性たんぱく質は、植物性よりもアミノ酸の生成、構成力が高いと言えます。

 

最適な食事とは

では動物性と植物性、結局どちらを積極的に摂ればいいのか。
答えは「両方バランスよく摂取する」です。
動物性たんぱく質の摂取は肉類より魚介類がおすすめです。
ビタミンも同時に摂取できますし、カロリーも低いからですね。
そこに野菜サラダ、冷奴などがあれば、植物性も摂取することができます。

 

意識してカロリーを抑えようとすれば、過剰摂取も防げますし、肥満にもなりません。
たんぱく質は摂りすぎると腎臓に疾患を負うこともありますので、バランスが大切だということを今一度認識しておきましょう。