MENU

正しい方法で髪を洗わないと逆効果

頭皮環境を清潔に保つために毎日欠かさず行っているであろう「洗髪」。
しかし、間違った方法で洗っていると、それが裏目に出てしまい、思わぬ頭皮トラブルに見舞われることもあります。

 

頭皮を気にする人ほど間違っている

まず、シャンプーで髪の毛を洗うという行為ですが、このそもそもの目的はなんでしょうか。
シャンプーで髪の毛を洗うだけでは頭皮は健康的にはなりませんね。

 

シャンプーの目的はまず「フケや埃といった汚れを洗い落とすこと」、そして「毛穴に詰まった汚れを洗い流すこと」の2つとなります。
抜け毛や薄毛を気にしている方にとっては誰もが分かっていることですが、問題は「洗いすぎ」なのです。
脱毛症に少なからず不安を抱いている方は、シャンプーで髪をゴシゴシと洗いすぎる傾向にあります。
頭皮を気にすれば、それだけ「髪を清潔に保たなければ」という気持ちが意識的に働きます。
よってシャンプーの量を多くしたり、必要以上に強い力を加えて汚れを落とそうとしてしまいます。
しかし、これは実はまったくの逆効果です。

 

シャンプーの洗浄力

まず覚えておいてほしいのは「シャンプーの洗浄力は強力」だと言うことです。
一般的に市販されているシャンプーには「石油系界面活性剤」と呼ばれる石油由来の成分が含まれています。
これは泡立ちと洗浄力を上げる効果があるのですが、一方頭皮にダメージを与えるデメリットも持ち合わせています。
特に毛穴を指先でひっかくように洗ってしまうと、毛穴が傷ついて、そこにばい菌が入ったり、シャンプーの洗い残しで皮脂の元となってしまいます。

 

最近では通販でアミノ酸由来のシャンプーが人気があります。
こちらは洗浄力や泡立ちは弱いですが、頭皮にはいいのでおすすめです。

 

リンスとコンディショナーも使おう

女性の方ならばリンスとコンディショナーは毎日使っているかと思います。
一方男性は面倒なことからシャンプーのみで終わらせている人が多い様子です。

 

まず、リンスの役割ですが、シャンプーはもともとアルカリ性です。
人間は弱酸性が中性なので、アルカリ性のまま放置しておくと頭皮は傷むばかりです。
そこで、酸性成分の含まれているリンスで中和して、弱酸性に髪の毛を戻してあげるのです。
それがリンスです。
そのあとに髪を整える成分が含まれているコンディショナーを使うのが正しい使い方と言えます。

 

ですので、面倒臭がりやの男性も、現在生えている髪の毛を大切にしたいのであれば、必ずシャンプーのあとにリンスをやらなければなりません。

 

毛穴の汚れを落とすが大切

髪を洗う上で最も大切なポイントは「毛穴を塞ぐ汚れを落とす」ことです。
頭皮は脂の塊である「皮脂」が溜まりがちで、皮脂が毛穴を塞いでしまうと、健康的な髪の毛は生えてきません。
髪を洗って乾かしたあと、髪の毛を触ってみてべたついている人はシャンプーの洗い残しがある証拠です。

 

また、頭皮を洗う際は、指先ではなく、指の腹でやさしく撫でるように洗うのがコツです。
それだけでも皮脂はとれますので、余分な力は不要です。
そして最後はシャワーでしっかりと泡を洗い落としてください。

 

髪を乾かすのも重要

男性は主に「自然乾燥」を好み、女性は「ドライヤー」で髪を乾かす傾向にあります。
これはどちらもメリットデメリットがあります。

 

まず自然乾燥は、髪の毛が乾くまでの時間が長いので、それだけ髪に必要な水分が蒸発しやすくなります。
一方ドライヤーはすぐに乾燥させることができるのですが、熱風で髪の毛が傷んだり、水分が蒸発してしまう危険があります。

 

正しい乾かし方は、まずタオルで濡れた髪を適度に拭きます。
ゴシゴシと拭くのではなく、水をタオルに吸収させるように拭いてください。
次にドライヤーや温風で、頭に近づけないで遠くから当ててください。
一箇所を重点的に乾かすのではなく、全体を満遍なく乾かすのがドライヤーのコツとなります。

 

髪を洗うという行為は一見すると頭皮に良く、また薄毛に悩む人にとっては最も基礎的な脱毛対策と認識されがちです。しかし、一歩間違えると、逆効果になることをよく肝に銘じておきましょう。