MENU

唐辛子で育毛が期待できるわけ

唐辛子に含まれている成分で育毛効果があるのであれば、いますぐにでも実践したいところですね。
今回は唐辛子と育毛に関してご説明したいと思います。

 

唐辛子成分が体を作る

唐辛子と言えばお隣の韓国を思い浮かべます。
キムチにビビンバ、コチュジャンなど韓国料理に唐辛子は欠かせない調味料となっていますね。
韓国人の男性女性を見てみると、痩せ型でスタイルがいいことに驚かされます。
もともとの民族性かもしれませんが、もしかしたら毎日摂取摂取している唐辛子が原因かもしれません。

 

当サイトでも何度かご説明しておりますが、唐辛子には「カプサイシン」と呼ばれる辛味成分が含まれています。
カプサイシンの効果は主に3つ。「脂肪燃焼効果」、「新陳代謝の活性化」、そして「血行促進効果」です。
脂肪を燃焼するとともに新陳代謝も上がることからダイエット効果も見込まれ、一時期キムチブームが到来しましたね。育毛に関して言えば「血行促進効果」が重要となります。

 

育毛、発毛にはまず頭皮の血の流れをよくすることが肝心です。
これなくして育毛効果は有り得ませんし、脱毛患者のほとんどは血行が鈍化していることが挙げられます。

 

カプサイシンの魅力

血行促進効果があるカプサイシンが含まれる唐辛子ですが、この魅力は何と言っても「簡単に摂取することができる」点につきます。
コンビニやスーパーでは必ず陳列されているキムチにもたくさんカプサイシンは含まれていますし、唐辛子や七味を購入して自分で調理しても問題ありません。

 

また、最近は食事だけではなく、化粧品にも使われていますね。
育毛剤はもちろんのこと、サプリメントや石鹸でもカプサイシン成分は含まれております。

 

イソフラボンと併用すると効果的

イソフラボンにはたんぱく質を作り、細胞分裂を助ける効果があると言われています。
髪の毛はもともとたんぱく質なので、イソフラボンは育毛にも効果的でしょう。
一時はカプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することがおすすめとテレビメディアでも騒がれていましたね。
イソフラボンはご存知の通り大豆製品に多く含まれていますので、豆乳や納豆などが身近な食材となります。

 

カプサイシンとイソフラボンの摂取による育毛効果は、岡嶋研二教授が論文で発表したものですが、後日この論文の一部に捏造疑惑が浮上しました。
カプサイシンとイソフラボンの育毛効果を研究している専門家が少ないため、結局どこまでが捏造で、育毛効果自体が嘘なのかは闇の中となりました。
ただし、カプサイシンの血行促進効果、イソフラボンのたんぱく質生成と細胞分裂を助けるという効果は本物です。
あくまでも育毛効果の成果が捏造だったのでは、と騒がれているのです。
この二つの摂取を続けたことによって育毛を実感できたという患者もいるようなので、実際は患者の頭皮によると言ったところではないでしょか。