MENU

アルコールが薄毛に良くない3つの理由と気を付けるべき2つのこと

薄毛に悪い生活習慣はいろいろありますが、
アルコールもその一つ。

 

アルコールを飲むことで、薄毛を進行してしまうような
いくつかの変化が体内で起きてしまいます。

 

今回はアルコールが薄毛を進めてしまうわけと、
お酒を飲むときの注意点について解説いたします。

 

アルコールが薄毛を進めてしまう3つのわけ

 

アセトアルデヒドがDHTの産生を増やす

お酒を飲むと、アルコールが分解されて
アセトアルデヒドと言われる物質が作られます。

 

アセトアルデヒドが、顔が赤くなったり、
気持ち悪くなったりする原因の物質です。

 

そしてこのアセトアルデヒド、
実は体の中でテストステロンがDHTへ変化するのを助けてしまうんです。

 

アセトアルデヒドが溜まると、知らないうちに
体の中でAGAの原因物質である
DHTがどんどん作られてしまうんですね。

 

特にすぐに顔が赤くなる人や二日酔いになりやすい人は要注意ですね。

 

アルコールの分解のために髪を作る成分が使われてしまう

お酒を飲むと、肝臓でアルコールの分解をするときに、
システインなどのアミノ酸や、ビタミンBが大量に消費されてしまいます。

 

これらの物質は髪の毛を作る際の材料となる重要な物質であり、
不足してしまうと髪が作られません。

 

お酒を飲むことで髪の毛の材料が減っていってしまうんですね。

 

睡眠の質が下がる

お酒を飲まないと眠れないという人、注意が必要ですよ。

 

確かに、お酒を飲むことで寝つきが良くなるケースは多いようです。
ただし、睡眠の質そのものにはお酒はよくないんです。

 

お酒を飲むことで睡眠が浅くなり、
育毛に必要な質の良い睡眠がとれなくなってしまうんです。

 

髪の毛とお酒の関係|アルコールが薄毛を招く本当の理由

 

薄毛にならないために飲酒時に気を付ける2つのこと

これだけ薄毛にとって良くないお酒。

 

お酒を飲む場合、気を付けるべきことは以下の2つですので、
最低限これらを守って楽しく飲んでくださいね。

 

適量を守って休肝日を作る

お酒はストレスの発散や
良好な人間関係を作るために必要になることもあります。

 

お酒を飲まないことで
かえってストレスをためてしまうとあまりよくありません。

 

深酒にならないこと、必ず休肝日を作ることなどを守ってください。

 

良質なタンパクやビタミンを一緒に取る

アルコールの分解のために使われれてしまうアミノ酸やビタミンは、
しっかり食事で補って不足させないようにしておくことが大切です。

 

アミノ酸はタンパク質が分解されてできる物質です。

 

糖質や脂質ではなく、
肉や野菜、豆類、乳製品などタンパクをしっかり取るようにしましょう。

 

また、ビタミンB群をたくさん含む野菜もしっかり取っておく必要があります。
お酒を飲む際には、タンパクと野菜、しっかり取っておきましょう。