MENU

20代のうちに禿げる原因は?

抜け毛や薄毛といった脱毛症に悩む患者というのは、何も高齢者だけではありません。
早い人であれば、20代のうちに抜け毛が多くなり、目に見えて髪の毛の量が少なくなる方もいます。
俗に言われる「若禿げ」と呼ばれる症状ですが、では、この若禿はどのような方がなりやすいのでしょうか。

 

体質の問題

いわゆる「遺伝」ですね。
親から子へ引き継がれるものであり、また祖父母から孫へ遺伝する場合もあります。
この遺伝に関しては男性も女性も隔てなく可能性があります。
しかし、「遺伝なら仕方がない」と諦めているのであれば、今一度遺伝に関して考える必要があります。

 

まず、遺伝は100%引き継がれるものではありません。
若禿の遺伝が引き継がれたかどうかを調べることは困難なので、案に両親や祖父母のいずれかが禿げているからといって、その人のせいにするのはいかがなものかと思います。
次に言えることは「遺伝はあくまでも体質である」ということです。
仮に若禿の遺伝を引き継いだとしても、それが発症しない可能性もありますし、逆に若いうちに発症したからといって、その原因が遺伝にあるとは言い切れません。

 

とは言っても、人体の構造状20代のうちに薄毛が進行することは通常であれば考えられません。
よって、薄毛になりやすい体質であることは遺伝の有無に関わらず言えることかと思います。

 

外部要因の問題

若い頃の脱毛症にありがちな原因の1つが「外部環境」です。
仕事のストレスや精神不安、食生活の偏りや慢性的な睡眠不足など、禿げる原因を挙げればキリがありません。
厄介なのは、そのうちのどれが脱毛症の原因となっているかを探すことができないことにあります。
しかし、完璧な規則正しい生活習慣をおくっていれば、脱毛症は発症しにくいと言い換えることもできるはずです。

 

若禿の場合は先に挙げたいくつかの外部要因と遺伝や体質が合わさって併発すると考えるのが基本です。
ですので、若禿をの体質を遺伝していても、生活習慣を規則正しくしていれば脱毛症は発症しにくい、もしくはしないことだってあります。
また逆に不規則な生活習慣を何年も続けていれば、例え若禿の体質を遺伝していなくとも、薄毛が進行する場合もあるのです。

 

近年は特に若禿に悩む方が急増中ですね。
一般的には男性ホルモンの量が多い男性が主な脱毛患者ですが、最近では女性も若いうちから抜け毛や薄毛が進行している方もいらっしゃるようです。
一度薄毛が進んでしまうと、元の髪の量に回復するには時間とお金がかかります。
できれば「最近抜け毛が増えてきた気がする…」という段階で何かしらの対策を打っておきたいところです。