MENU

薄毛に気づいたときの選択肢とは

薄毛に気が付く人というのは、すでに目に見えて髪の毛の量が減っている人でしょう。
多少の抜け毛の多さだけでは、「自分が薄毛」ということは認識しずらいので、自分は薄毛と考える人は往々にして髪の毛に手を入れたら明らかにスカスカになっていることが考えられます。
では窮地とも言える状況に陥ったとき、どのような行動をとるのが得策なのでしょうか。

 

病院という選択肢

まず一つは病院です。
病院の皮膚科が脱毛症を取り扱っています。
病院であれば薄毛対策の薬を処方してもらうこともできますので、多くの患者がかかっています。
また、円形脱毛症のような特定の症状に対しては健康保険が利くこともありますので、クリニックに美容専門店に行くよりかは遥かに安く治療を施すことができるでしょう。

 

クリニックという選択肢

次に発毛専門クリニックです。
クリニックは病院と異なり薬の処方ができないので、あくまでも自然発毛を促す治療がメインとなります。
自然発毛のメリットとしては無理なく人体の自然治癒力で発毛を促すので副作用の心配がありません。
これは薬と大きく異なるメリットと言えます。
一方効果がない人にはまったく効果がなかったり、やたらと高額であることがデメリットとして挙げられます。
さらにこの手のクリニックは町中至るところに点在していますので、口コミや評判などを事前によく調べなければなりません。

 

人工的に髪の毛を増やす選択肢

これは植毛やカツラなどが該当します。
植毛は髪の毛のを植えつける治療法であり、カツラはすでに出来上がった髪の毛を頭皮にあてがう方法です。
どちらもお金さえ払えば外見面では理想の髪型を手に入れることができるでしょう。
しかしその半面、根本的な脱毛症の解決に至ることはありませんので、カツラをつけているときでさえ脱毛症は進行していると考えるべきです。

 

自宅で育毛剤という選択肢

最後は育毛剤です。
ネット通販を利用すれば自宅で育毛剤を購入することができます。
また、時間が空いたちょっとした時間に育毛剤を使うことができるので、わざわざクリニックや病院に出向く必要がありません。
ちまたでは「育毛剤って本当に効くの?」、「気休め程度でしょ?」と考えられがちですが、育毛剤には髪の毛を発毛、育毛するに十分な成分が含まれています。
ですので、正しい方法で怠りなく使用することができれば、一定の効果は得られる可能性は高いとも言えます。

 

どの選択肢を取るべきか

結局のところ、自宅で育毛剤を使用するにしても、クリニックや病院など専門機関で治療を受けるにしても、効果が出る確率というのはそれほど大差はありません。
年間100万以上払ってクリニックのご厄介になっている人でも、全員が理想の髪の毛を手に入れているわけではありませんし、むしろ費用に見合った効果が得られていないと不満を漏らす人の方が多いのです。

 

薄毛対策のポイントとしては、「清潔な頭皮」と「頭皮に栄養」、そして「毛母細胞の分裂を促進」の3つとなります。
どれか1つでも欠けていたら薄毛の治療は成功しません。
クリニックや薬の服用、育毛剤にしろ、この3つの問題を改善する治療を施すという点においては共通していますので、育毛剤で改善できるのであれば、そちらが最も費用対効果は高い方法と言えるでしょう。