MENU

脱毛に遺伝はどこまで関係ある?

「脱毛と遺伝」
両親のどちらかに脱毛症が見られる場合、子供に遺伝する。
両親に脱毛症が見られなくとも、祖父母に脱毛症が見られる場合は孫に遺伝することがある。
簡単に言えば、「血の繋がっている家系に脱毛症の方がいれば、孫の代まで遡って脱毛症が受け継がれる」、これが遺伝と呼ばれるものです。
現に父親か母親が薄毛だと、「自分も将来薄毛になるかも」と考えますし、実際に薄毛になってしまう人も多くいるでしょう。このように脱毛と遺伝は密接な関係にあることは周知の通りです。

 

無論研究者も脱毛と遺伝の関係性には昔から着目していて、すでに70年以上前に、その関係は分かっています。
しかし、脱毛の遺伝を克服する特効薬がいまだに開発されないのは、まだ詳しい因果関係と、どのように作用するかが分かっていないからです。

 

遺伝と一概にいってもさまざま

禿げが遺伝する。
薄毛が遺伝する。
そう言っても、禿げ、薄毛の何が遺伝するかは、まだ研究段階です。
男性ホルモンの盛んな分泌が遺伝するのか、それとも他の要因が遺伝するのか、ということです。

 

しかし、最近の研究で分かったことが、「受容体とDHTの感度が遺伝する」ことです。
難しくてよく分かりませんね。
もう少し噛み砕いて説明しましょう。

 

男性ホルモンについて

別の記事でも紹介しておりますが、髪の毛が抜ける原因をおさらいしてみましょう。
まず男性ホルモンの量が多いことが原因に挙げられます。
そして、男性ホルモンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつきます。
すると、DHTという物質に変わり、これが脱毛・薄毛原因を作ることを説明しました。
そして現在の育毛剤の種類の中には、この過程を阻害することができる成分が含まれています。

 

しかし、厳密に言うと、男性ホルモンがDHTに生まれ変わった瞬間に髪の毛が抜けるというわけではありません。
毛母細胞の中には「男性ホルモンレセプター」と呼ばれる受容体があるのですが、この男性ホルモンレセプターがDHTに反応して、初めて脱毛となるのです。

 

つまり、ここで大切なのは「男性ホルモンレセプターとDHTの反応具合」となります。
どんなに男性ホルモンが多く、どんなにDHTが多くとも、男性ホルモンレセプターが反応しなければ脱毛は起きないのです。体毛が毛深い人は往々にして男性ホルモンの量が多いですが、しかしながら皆が漏れなく薄毛・禿げているわけではありませんね。

 

彼らが禿げない原因は、「男性ホルモンレセプターがDHTに反応を示していない体質」にあると考えられます。

 

ホルモンと遺伝の関係

そして、ここからが本番ですが、先に説明した、「DHTに男性ホルモンレセプターが反応するかしないか、
もしくはどのくらい反応するか」は、実は遺伝が左右されるのです。

 

男性ホルモンレセプターがDHTに対しての「感度」とも言える程度は、主に母親の血筋、家系から遺伝すると考えられています。つまり、父親の男性ホルモンの多い分泌量が遺伝していたとしても、母親から遺伝する「受容体の感度」が低ければ、それだけ脱毛になりぬくいと言えます。

 

すべては明るみになっているわけではなく、まだまだ研究段階ではありますが、
これが現在考えられる遺伝情報であります。

 

ちなみに、テレビアニメでお馴染みの「サザエさん」。
これに登場する波平さんは、額から頭頂部にかけては綺麗に禿げ上がっていますが、
後頭部は髪の毛がフサフサなことが分かります。

 

実はこれにも理由があるのです。
先ほど説明した男性ホルモンレセプターは、後頭部にはほとんど存在しないようなのです。
ですので、M字、U字脱毛が盛んな欧米人であっても、やはり後頭部は髪の毛がありますね。

 

今後も研究がすすめば、受容体とDHTとの反応を抑える成分も開発されることでしょう。
育毛剤や薬として、脱毛の悩みが解決するのも時間の問題かもしれませんね。