MENU

そもそも毛が抜ける原因とは

「薄毛を改善したい」
「脱毛症をなんとかしたい」
「若かりし頃の髪の毛に戻りたい」

 

そう切に願っている脱毛患者の方は多いかと思います。
脱毛を克服するために、育毛剤やクリニック、病院などに通ったりするのが常ですが、

 

皆さんは「そもそもなぜ髪の毛が脱毛してしまうのか」、
「なぜ薄毛が進行するのか」という理由をご存知でしょうか。
その理由を知れば、新たに改善への突破口も見えてくるかもしれません。

 

医師から説明を受けたり、ネットサイトで原因を調べてみても、「専門用語ばかりでいまいち分からない」という方もいるでしょう。そこで、今回は脱毛する原因を分かりやすく解説したいと思います。

 

脱毛とホルモンの関係

髪の毛が抜ける、薄毛になる、脱毛症を抱えるという症状の元の原因はすべて
「人の体にあるホルモン」に由来します。

 

ホルモンと言えば男性ホルモンと女性ホルモンが真っ先に思いつくかと思いますが、それで合っています。
脱毛症と関係があるのは、その中でも「男性ホルモン」です。
男性ホルモンは主に男性に多くあることから、この名がついています。

 

「男性ホルモンが多いと毛深くなるって聞いたことがある」
その通りです。男性ホルモンは人の体毛を太く、長くする効果があるため、
男性ホルモンの分泌が盛んになる10代後半以降は髭が生えたり、いままでは産毛程度だった部位が濃くなったりします。しかし、その論理であれば頭皮の髪の毛も増えるはずです。

 

残念ながら、なぜかは分かりませんが、頭皮だけは逆効果になってしまうのです。
つまり、男性ホルモンが多ければ多いほど、髪の毛は退行してしまうのです。

 

男性ホルモンとDHT

男性ホルモンにもさまざまな種類があり、
その中でも髪の毛に関係するのは「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。
しかし、このテストステロンが多く分泌するだけでは、髪の毛は抜けません。

 

このテストステロンはある「酵素」と結びつくと、DHTという新たな物質に変わります。
このDHTが頭皮細胞に作用して、髪の毛が生える進行を遅らせたり、髪を生えなくしたりしてしまうのです。

 

では、肝心のある酵素とは何でしょうか。
それは「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素です。
テストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結びつくと、DHTに変わる。
この順番が大切です。
ですので、脱毛をとめるとしたら、テストステロンと5α-リダクターゼの結びつきを抑えることが早いですね。
そのような成分が現に育毛剤には含まれています。

 

女性の薄毛の原因

では次に女性視点で見てみましょう。
最初の解説によると、脱毛の根本的な原因は「男性ホルモン」です。
しかし、女性は男性と比較すると、男性ホルモンの量は圧倒的に少ないことが挙げられます。
ですので、女性は男性よりも体毛は少ないですし、髭が生えることもありません。
しかし一方で、薄毛に悩む女性患者も近年は多く見受けられます。

 

まず言えることは、男性ホルモンは確かに少ないですが、ゼロというわけではないことです。
ただ男性ホルモンよりも圧倒的に女性ホルモンの量が多いので、男性ホルモンの分泌が目立たない、
あるいは抑えられていると言い換えることができます。

 

勘のいい人は既にお気づきかもしれませんね。
「何かしらの要因により、男性ホルモンが増える」
「何かしらの要因により、女性ホルモンの量が減少する」
このいずれかの要因があると、女性でも薄毛、脱毛症になってしまうのです。

 

気になるのが「何かしらの要因」ですね。どんなことが考えられるのでしょうか。

 

男性ホルモンが増える要因

これは外部環境が考えられますね。
近年は女性の社会進出も目立ち、男性と同様に社会の荒波に揉まれています。
残業によるストレス、人間関係による苛立ち、仕事への不安などが続くと、ホルモンバランスが崩れます。
ホルモンバランスが崩れると、場合によって男性ホルモンが優位になる可能性もあるのです。

 

さらに原因と言われるのが「女性の肉食化」です。
草食男子というのは何年か前に流行った言葉ですが、それと同時に女性の肉食化も挙げられます。
強く生きる女性、お肉が好きな女性、どちらもいますが、これらが男性ホルモンの分泌を高める可能性があると考えられています。

 

女性ホルモンが減少する要因

女性ホルモンが減少する最大の原因は「加齢」です。
女性は30代後半から40代前半にかけてから、徐々に女性ホルモンの分泌が減少していきます。
早い人では30代前半からその傾向がはじまるようです。
女性ホルモンが減少すると、必然的に男性ホルモンとの割合が減ります。
これも男性ホルモンが優位になってしまいますね。

 

他にも食事、生活習慣、睡眠などによってもホルモンバランスは変化します。
女性が薄毛になる原因をご理解いただけたでしょうか。

 

男性も女性も薄毛になる可能性があることが分かった以上、早期発見、早期対策が肝心となります。