MENU

筋トレするとハゲるは本当?それとも嘘?

「筋トレをするとハゲる」
という噂を聞いたことがあるかもしれません。

 

これは正確に言えば、
筋力アップをすることで薄毛になってしまうというわけではなく、
筋力アップを図ることで、男性ホルモンの増強となります。

 

それが還元酵素の5aリダクターゼと混ざり合ってしまう確率が高まるため、
薄毛になりやすいということです。

 

筋肉と薄毛は関係ない

例えばボディービルダーの方が全て薄毛になっているというわけではありませんね。
つまり、筋肉量と薄毛自体に関係があるわけではないのです。

 

薄毛が関係してくるのは男性ホルモンと、
もともと頭皮に存在している5aリダクターゼと呼ばれる還元酵素の結び付きです。

 

ただ筋トレをすることで、この男性ホルモンが増強される可能性があるので
還元酵素と結びついてしまう可能性が高まることは否定できません。

 

しかし、筋トレをしてそのまま男性ホルモンも増加するというのは
全ての方に共通することではないので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

 

もし筋トレをして男性ホルモンが必ず増加するなら、
スポーツ選手は全てハゲてしまうということになりますからね。

男性ホルモンと薄毛の関係とは

男性ホルモン自体は薄毛の原因となるわけではありません。

 

例えばヒゲや胸毛、足の毛などが濃い人は男性ホルモンの強い人です。
むしろ毛が太くて濃いので、ハゲるということとは関係ないことがわかります。

 

 

体には還元酵素の5aリダクターゼが存在しません。
つまり、男性ホルモンの分泌があっても
還元酵素と結合しないので毛が薄くなるということはないのです。

 

ポイントは男性ホルモンの分泌ではなく、5aリダクターゼの抑制です。

 

5aリダクターゼの抑制方法とは

男性ホルモンの分泌が激しい場合、
5aリダクターゼと出来るだけ引き離すことがポイントとなります。

 

 

そこで効果を発揮してくれるのが育毛剤です。
育毛剤は5aリダクターゼを抑制する成分が配合されていますので、
男性ホルモンの分泌が多い方も、薄毛の発症を抑制してくれる働きがあります。

 

筋力アップをして筋肉が強化され、
たんぱく質を消費しても5aリダクターゼを抑制していれば、薄毛になることはありません。

 

もし筋力アップをしたい方で、男性ホルモンの増加が気になるのなら、
トレーニングしつつ育毛剤を使用すれば薄毛になるということはまずないでしょう。

 

 

実際に筋力アップをする時はプロテインなどの
たんぱく質を吸収する方法をとっている方が多いかと思います。

 

そういったタンパク質は、むしろ髪の毛の生成に役立つので、
筋力アップを図りながら髪の生成を促すという事も非常に合理的と言えます。