MENU

性欲と薄毛の関係とは

性欲と薄毛の関係ですが、
「半分真実で、半分嘘」といったところが確かな情報といえるでしょう。

 

性欲は男性ホルモンの分泌の多さからきています。
男性ホルモンは筋肉の増強や、体毛の生成を促す役割がありますが、
それと同時に、性欲の向上の役割もあります。

 

性器の勃起する力を促すには男性ホルモンの力が欠かせません。
ただ男性ホルモンがこういった生理現象以外に、薄毛の一因となっていることもまた事実です。

性欲の強さは男性ホルモンの強さ?

性欲が強いということは、
それだけ男性ホルモンの分泌が多いということになります。
男性ホルモンは体の中に多数存在していて、頭部の頭皮付近にも存在します。

 

頭皮の中でも頭頂部とおでこの生え際には
特に多くの男性ホルモンが分泌されています。

 

そしてこの部位には還元酵素の5aリダクターゼと呼ばれる物質も存在していて、この2つが結合することでジヒドロテストステロンと呼ばれる悪性の男性ホルモンに変化してしまいます。

 

 

ジヒドロテストステロンは頭皮に滞留していると薄毛を引き起こします。

 

つまり性欲が強いということは、
それだけ還元酵素と男性ホルモンが結合しやすいということも言えます。

 

 

性欲が強くてもハゲない方法がある?

「性欲が強いからハゲてしまうのかな・・・。」と落胆する必要はありません。

 

AGA治療を行っている病院やクリニックでは還元酵素を抑える薬を処方してます。
プロペシアという内服薬を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

プロペシアに含まれているフィナステリドという成分が
還元酵素の5aリダクターゼを抑制してくれる働きがあります。

 

これならいくら性欲が強く、男性ホルモンの分泌が盛んでも、
薄毛になってしまう可能性を低下させることができます。

性欲の強さ=薄毛ではない

このように性欲が強いからといって、
すぐに薄毛になってしまうわけではなく、対処法はあります。

 

また、男性ホルモンの分泌が多くても還元酵素の量が少なく、
結合してしまう可能性が低ければ薄毛になる確率も当然下がります。
男性ホルモンの量だけで薄毛かどうかが決定するわけではありません。

 

日頃からストレスを発散し、性処理を行い、
規則正しい生活をすることで薄毛になってしまう確率が上がるということはないでしょう。

 

頭皮環境や遺伝、普段の生活習慣などを総合的な要素が重なり合って
薄毛になってしまうかどうかが決まるので、
性欲の強さの有無はそこまで薄毛に影響はないでしょう。