MENU

育毛剤とプロペシアを併用しても大丈夫?

育毛剤とプロペシアは互いに成分がかぶることがないので併用することが可能です。
むしろ併用した方が育毛効果がアップすると言われ、医療機関でも推奨しているほど。
具体的にどんな意識を持って併用すれば良いのか見ていきましょう!

 

育毛剤とプロペシアの併用は大丈夫?

プロペシアに含まれている成分はフィナステリドです。
抗アンドロゲン剤の一つとして利用され、男性ホルモンの働きを抑制する作用があります。
例えば女性が多毛症になってしまう事を防いだり、男性の前立腺肥大症を治療するときにも使われたりします。

 

フィナステリドと育毛剤の成分は全く異なります。
育毛剤には男性ホルモンの働きに影響を与えるものは、ほぼありませんからね。

 

育毛剤でもフィナステリドと同様に薄毛の原因となる5aリダクターゼと言う還元酵素を阻害する働きはあるんですが、男性ホルモン自体に強い働きかけを行う成分は含まれていません。

 

仮に育毛剤とフィナステリドを併用したとしても、「極端に男性ホルモンが減ってしまう」などの恐れはないので安心して使用することができます。

 

プロペシアと併用して効果が増す?

プロペシアは1年間使用することで58%の人に回復の兆しが見られたと検証結果で明らかになっています。
現在の育毛治療で1年間でこれほどの改善率を誇っているものはなかなかありません。

 

しかもこれはプロペシアのみを使った場合の確率なので、育毛剤と併用すればさらに薄毛改善率も上がっていくでしょう。

 

プロペシアを服用する時は最低1年は続けるべきです。
それに合わせて育毛剤も1年以上使用することを想定しておきましょう。

 

プロペシアの最大の強みは薄毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制すること。
育毛剤の中にも同等の効果がある、と記載されているものもありますが、やはりプロペシアにはかないません。
医療用成分として認められているフィナステリドだけですから。
プロペシアの併用は育毛剤だけで治療している人よりも明らかに効果が出るはずです。

 

 

どんな育毛剤を選べばよい?

 

プロペシアは薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが生まれくくなると紹介しました。
ただ逆に言うと、プロペシアは敵(薄毛)をやっつけるだけで、新たな選手(髪の毛)を育成する能力がありません。
つまりプロペシアとは違った部分の効能を持つ育毛剤を使わなければいけません。

 

例えば、

 

  • 頭皮の潤いをキープできるもの
  • 酸化した皮脂を取り除いてくれるもの
  • 血行促進作用を与えてくれるもの
  • 抗菌作用があるもの
  • 抗炎症作用があるもの

 

上記、効能があれば新たな選手(髪の毛)が育ちやすくなります。
プロペシアには無い特性なので、できればこういったものが優れている育毛剤を選択した方が良いでしょう。

 

バランスが取れているのはチャップアップです。
何かに特化した育毛剤というよりも上記全ての成分が入ったオールマイティーな育毛剤です。

 

また価格的にも1本6,000円程度で購入可能なので、プロペシアと併用した時の経済的負担も最小限で抑えられるため、長期的に続けやすい育毛剤になっています。

 

プロペシアと併用しても体への影響がないという実績もあるので、安心して使用することができるでしょう。