MENU

知っておこう!抜け毛・薄毛・禿げてしまう原因とは記事一覧

「薄毛を改善したい」「脱毛症をなんとかしたい」「若かりし頃の髪の毛に戻りたい」そう切に願っている脱毛患者の方は多いかと思います。脱毛を克服するために、育毛剤やクリニック、病院などに通ったりするのが常ですが、皆さんは「そもそもなぜ髪の毛が脱毛してしまうのか」、「なぜ薄毛が進行するのか」という理由をご存知でしょうか。その理由を知れば、新たに改善への突破口も見えてくるかもしれません。医師から説明を受けた...

人は毎日生きているだけで心身を少しずつすり減らしています。特に20代30代の社会人の方は過酷な労働環境の中で働いているかと存じます。20代では学生時代とのギャップに苦しみ、社会人生活のすべてが新しい体験となります。社会人を機に実家を離れて一人暮らしをしたり、転勤で新しい環境で生きる人も多くいるでしょう。30代になると社会的責任が一層強くなり、部下を持つポジションに抜擢されたり大きなプロジェクトを任...

脱毛の主な原因はいくつか推測することができますが、今回ご紹介するのは「私生活」が原因の脱毛です。日々の生活を振り返ってみて、もし該当する点があれば、その問題を解決することによって脱毛症の進行を抑えることができるかもしれません。私生活には精神的ストレスと不安がつきもの今回は「独身の男女」、及び「家庭を持つ男女」の2パターンでそれぞれ脱毛症となりえる問題点を解説してみたいと思います。場合によっては、私...

「脱毛と遺伝」両親のどちらかに脱毛症が見られる場合、子供に遺伝する。両親に脱毛症が見られなくとも、祖父母に脱毛症が見られる場合は孫に遺伝することがある。簡単に言えば、「血の繋がっている家系に脱毛症の方がいれば、孫の代まで遡って脱毛症が受け継がれる」、これが遺伝と呼ばれるものです。現に父親か母親が薄毛だと、「自分も将来薄毛になるかも」と考えますし、実際に薄毛になってしまう人も多くいるでしょう。このよ...

遺伝や体質などの先天的な要因を排除したとき、最も考えられる脱毛原因が「ストレス」です。ストレスと頭皮は一見関係がないように見えますが、実はとても密接な繋がりを持っていることが分かっています。今回は脱毛とストレスの因果関係に関して深く説明したいと思います。ストレスが血管を収縮する仕事や私生活など、男性も女性もストレスは日々溜まりがちです。このストレスを生活のどこかで発散することができれば、多少なりと...

抜け毛や薄毛といった脱毛症に悩む患者というのは、何も高齢者だけではありません。早い人であれば、20代のうちに抜け毛が多くなり、目に見えて髪の毛の量が少なくなる方もいます。俗に言われる「若禿げ」と呼ばれる症状ですが、では、この若禿はどのような方がなりやすいのでしょうか。体質の問題いわゆる「遺伝」ですね。親から子へ引き継がれるものであり、また祖父母から孫へ遺伝する場合もあります。この遺伝に関しては男性...

薄毛に気が付く人というのは、すでに目に見えて髪の毛の量が減っている人でしょう。多少の抜け毛の多さだけでは、「自分が薄毛」ということは認識しずらいので、自分は薄毛と考える人は往々にして髪の毛に手を入れたら明らかにスカスカになっていることが考えられます。では窮地とも言える状況に陥ったとき、どのような行動をとるのが得策なのでしょうか。病院という選択肢まず一つは病院です。病院の皮膚科が脱毛症を取り扱ってい...

脱毛症の怖いところは、気が付いたら薄毛が進行しているという点です。よほど日頃から頭皮を注意深く確認している人でない限り、薄毛になる前に早期発見することは困難です。男性であれば整髪料で髪型をセットするために、毎日鏡は見ることでしょうし、女性もお化粧をする際に鏡と向き合うことでしょう。しかし、いつも触っている髪の毛の量をある日突然「昨日よりも髪の毛の量が少なくなった」と気づくことはできませんね。気づい...