MENU

海外で発売されている「ミノキシジルタブレット」の効果とリスク

薄毛治療の第一選択薬として使われることも多いミノキシジルですが、
現在日本国内で手に入れることができるのは、外用薬「リアップ」のみになります。

 

一方、インターネット通販を使うことで、
海外薬を手に入れることも可能で、ロゲインやポラリスなどの外用薬とともに、
内服薬であるミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)を手に入れることができます。

 

ミノタブとは

ミノキシジルタブレットは、海外で販売されているミノキシジルの内服薬です。

 

海外で販売されていると言っても、
あくまで高血圧の治療薬として販売されているもので、
薄毛治療薬として認可の降りている薬ではありません。

 

薄毛治療薬として認可が下りていなくても、現在日本の法律では、
個人輸入して自分で使用することは違法ではありません。
そのため、インターネット通販でミノタブを購入して、薄毛治療薬として使っている人は少なくありません。

 

ミノタブの効果

ミノタブはあくまで高血圧の薬として販売されているものです。

 

そのため、ミノタブの発毛効果を示すデータはなく、
ミノキシジル外用薬よりも優れているのかどうかはわかりません。

 

つまり、外用薬ではなくミノタブを使うメリットがどれほどあるのかというのもわかっていないんです。

 

ミノタブを使っている人の多くが、
プロペシア(フィナステリド)など作用メカニズムが違う内服薬と併用したり、
他の外用薬と併用して使っています。

 

ミノキシジルは発毛効果のある物質であることは間違いなく、
口コミを見てみても発毛効果を実感できている人は多いようです。

 

気を付けるべき副作用

ミノキシジルには発毛効果が確認されているにもかかわらず、
薄毛治療薬として承認されていない理由は、その副作用にあります。

 

血圧への影響

ミノキシジルは血管拡張薬であり、血管を広げて血圧を下げる作用があります。
そのため、ミノキシジルによって低血圧など怖い副作用が起こる可能性があります。

 

外用薬であれば全身へ吸収される量は限られますが、
内服薬は全身にダイレクトに影響しますので、血圧への影響は大きくなります。

 

特に、心不全や腎不全など血圧に影響を与える病気を持っていたり、
血圧に関する薬を飲んでいる人では非常に危険な副作用が出るリスクは高くなります。

 

そういった人には、ミノタブの服用はすすめられません。

 

がん患者には禁忌?

ミノキシジルの発毛メカニズムの1つにVFGEと呼ばれる成長因子の放出があります。

 

この成長因子は毛細血管の新生を促し、
局所の血流を良くしたり、細胞増殖を促します。

 

この作用は発毛のために重要なのですが、
がん細胞の増殖も引き起こしてしまうため、
がん患者やがん治療中の人は使うことができません。

 

発がん性があるというわけではないですが、
今体にがんがあるという場合やがんがある可能性がある場合には
そのがんを成長させてしまう可能性があるので注意してください。

 

まとめ

ミノキシジルタブレットは、
発毛作用の強い育毛剤が欲しい人に人気のお薬です。

 

ただし、外用薬のリアップなどと比べると副作用のリスクもかなり高いため、
気軽に使わない方がいい育毛剤です。

 

海外でも薄毛治療薬としての認可が下りていないくらいリスクが高いものですので、
自分の判断だけで使うことはすすめられません。

 

まずは他の副作用のリスクの少ない外用薬やサプリメントなどを試されることをおすすめします。