MENU

育毛剤の使用目安はどのくらい?多くても少なくてもダメな理由とは

育毛剤の使用目安は?効果半減、副作用を防ぐ適量について

 

髪を早く伸ばしたい、できるだけ多く生やしたいと思うほど、
「育毛剤の使用量や回数も増やすべきなのでは?」

 

と、多くの方が考えてしまうようです。

 

しかし、使用する量や回数を多くすることは、本当に髪に良いことなのでしょうか?
逆に使う量や回数を少なくするとどうなるのでしょうか?

 

今回はそんな疑問を解決させていただきます。

 

育毛剤の使用量や回数を増やしても意味はない?

ズバリ、育毛剤を使う量や回数を増やしても、
劇的な効果のアップは見込めないでしょう。

 

頭皮に良いとされる育毛剤の有効成分は、
一定量しか吸収されず仮に吸収されたとしても、
効果は良い方向には現れません。

 

育毛剤の使用目安は?効果半減、副作用を防ぐ適量について

 

むしろそれらの成分によって引き起こされる、
副作用の危険性が増してしまう可能性があります。

 

たとえば、1日で1回の使用で十分な育毛剤を2回使ってしまうと、
単純に考えれば危険性が2倍高まることになります。

 

しかし、効果は2倍にはならないのです。

 

もっと具体的に表現しますと、満タンに入っているコップ(頭皮)に
さらに水(育毛剤)を入れようとしても、溢れてしまいますよね。
そして溢れた水は周囲を濡らして(副作用)しまいます。

 

副作用にはかゆみや赤みなど頭皮や肌の表面上に現れるもの、
頭痛や吐き気など身体の内側から現れるものなどがあります。

 

体質によっては重症化する可能性もゼロとは言い切れませんので、
使用する量や回数を増やすことはおすすめできません。

 

育毛剤は少なくても効果が出るって本当?デメリットはないの?

育毛剤を多く使用する必要はない、
ということは前項で紹介させていただきました。
それではその逆で育毛剤を使う量を減らすとどうなるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、
育毛剤は使用する量が少なくてもある程度の効果は期待できます。

 

極端に減らすと効果は薄まる可能性がありますが、
使う回数を2分の1にしたからといって効果も2分の1になるとは限らないのです。

 

近年の育毛剤は改良が進んでいるため、
少量でも十分な効果が期待できるように作られているからです。
ただ、量が少ない分、ユーザーによっては効果が出にくくなる可能性はあります。

 

ベストはどのくらい?育毛剤の使用目安とは

育毛剤の使用目安は?効果半減、副作用を防ぐ適量について

 

育毛剤を使用する量や頻度の目安は、
「メーカー毎の用法用量を守る」ことがベストでしょう。

 

「それは予想していた答えだ」というご意見はもっともかと思いますが、
やはり用法用量を守ることが一番肝要なのです。

 

なぜならメーカー側はユーザー以上に実使用による実験を重ねており、
膨大な実験データを保有しています。

 

そのデータから導き出された用法用量は、我々ユーザーの「なんとなく…」
から導き出される用法用量よりも理に適っているのは当たり前でしょう。

 

使用する目安は、
「多過ぎるのはダメ。少ないのはダメとまでは言い切れないが、少し心もとない。
結果的にはメーカーの推奨する用法用量に従うのがベスト」、これが最適解です。

 

まとめ:育毛剤の使用目安はメーカーのおすすめに従うのが吉

育毛剤を使用する目安は、メーカーが推奨する用法用量を守るのがベストです。
多過ぎれば効果が変わらないばかりか、副作用の危険性が高まります。

 

少なければ効果が激減するということもありませんが、
少し心もとないことは否定できません。

 

ご自身の身体を守るためにも、
そして効果を有効的に引き出すためにも、メーカーの指示に従いましょう。