MENU

ミノキシジル育毛剤の副作用|症状や発症頻度

ミノキシジル育毛剤の副作用|症状や発症頻度はどれくらい?

 

その効果の高さが注目されるとともに、
副作用の有無や症状が注目されているのが、
育毛成分「ミノキシジル」を使った育毛剤です。

 

今回はそのミノキシジルがどういった成分であるかを解説しつつ、
その副作用についてもふれていきたいと思います。

 

あのリアップにも使用されている!ミノキシジルはこういう育毛成分

ミノキシジルも育毛業界ではとても有名な育毛成分です。

 

メジャーな製品で言えば、
『リアップ』、『ロゲイン』などが挙げられます。

 

どちらの製品も薄毛でお悩みの多くの方の支持を受け、
実際に多くの方の悩みを解消してきました。

 

ミノキシジルの主な効果は

  • 血管の拡張による頭皮の血行の促進
  • 毛母細胞の活性化

などがあります。

 

毛母細胞が活性化することにより、新しく健康な髪が生えやすくなるのです。
そしてそれら髪の成長を促すには、血行の良し悪しも関わります。

 

ゆえにこの2つの側面をカバーするのがミノキシジルの役割ということになります。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療でも、
ミノキシジルが含まれる育毛剤の治療がごくごく普通のことです。

 

ミノキシジルで考えられる副作用と発症の有無

効果があるとされる分、その副作用も心配されるのがミノキシジルです。
副作用として考えられるのは、

  • 肌の赤み、かぶれ、かゆみ
  • フケの発生
  • 頭痛
  • 不整脈

などがあります。

 

ただこれらの症状は可能性として一応は考えられる副作用であり、
当然のことながら絶対に起こり得るというものではありません。

 

これまでに起こっているのは、肌の赤みやかゆみ、フケの発生などであり、
ミノキシジルが含まれる育毛剤の使用を原因としての重篤な死亡例などは確認されていません。

 

リアップの場合、小さな副作用も含めて発症する確率は、
8%〜9%の間という報告もあります。

 

どうしてミノキシジルは副作用が起こるの?起こらない育毛剤はあるの?

 

 

ミノキシジルを含む育毛剤の使用で副作用が出てしまうのは、
やはりその効果の高いことと、医薬品であることに由来します。

 

「良薬は口に苦し」という言葉があるように、
どんな薬(育毛剤)にも副作用が出てしまう可能性はあると思っておいた方が良いでしょう。

 

しかし、育毛をサポートする成分のうち、
天然由来の成分を多く使用するものは、副作用の程度や頻度も少なくて済むようです。
代表的な製品としては、「アルガス-2」を含む『イクオス』などが、人気を高めつつあります。

 

アルガス-2は海藻エキスから抽出された成分からできており、
効果はありつつも副作用の発症はかなり低いです。

 

【モンドセレクション金賞】を受賞していることからも、その信頼度の高さがうかがえます。

 

まとめ:良薬は口に苦しという至言はミノキシジルにも

「良薬は口に苦し」という言葉は、
ミノキシジルの高い効果と副作用の有無にも通ずる至言でしょう。

 

薄毛の治療に高い効果が期待できる分、
副作用の危険性はどうしても拭えません。

 

しかし、そんなミノキシジルも実際に報告されているのは、
かゆみやフケの発生程度であり、命にかかわるほど重篤なものは見とめられていません。

 

その他の育毛成分とも比べながら、
ミノキシジルを含む育毛剤の使用をご検討くださるのが最適解です。