MENU

育毛剤の副作用で一番怖いのが心臓系統!本当に起こる可能性はある?

心臓系統に影響を与える副作用とは!?注意するべき育毛成分

 

髪の毛にお悩みの方が使用する育毛剤。

 

その育毛剤は髪の毛の量を増やしてくれる一方で、
「副作用が起こるかもしれない」という危険性をはらんでいます。

 

なかでも、私たち人間の生死に直結するかもしれない、
「心臓系統への副作用は本当にあるのだろうか」
という点も確認しておかなくてはならないでしょう。

 

そこで今回は、育毛剤と心臓系統への副作用について、
わかりやすく解説させていただきます。

 

心臓系統に副作用を与えるかもしれない成分とは?

心臓系統に副作用を与えるかもしれない成分は確かに存在しています。

 

「ミノキシジル」、「フィナステリド」などがそういった成分として挙げられますが、
どちらも育毛剤には広く使われている有名な成分です。

 

実際に育毛に効果があることも多数報告されており、
「育毛剤 成分」などとインターネットで検索すると、
これらの成分がヒットすることが多いです。

 

そのため使用している方も多く、
育毛を考えるにあたっては知っておくべき成分と言えるでしょう。

 

実際にどういう症状が心臓系統に現れるのか

前項で紹介したような成分は、
下記のような心臓系統への副作用を発生させる可能性があります。

 

  • 動悸
  • 不整脈
  • 低血圧

 

どれも重症化すれば命にかかわる可能性がある副作用です。
しかし、これらを見て「育毛剤は危ないからダメ」と決めつけるのは少し待ってください。

 

重篤な副作用は報告されていないようだけれど…

前項では少々怖い副作用を紹介させていただきましたが、
当然ながらこれらの副作用は誰にでも必ず起こり得るというわけではありません。

 

またその程度も様々で重篤な症状となり、
育毛剤の使用を直接の死因とするような死亡事故なども見受けられません。

 

過去には「育毛剤を使用していた男性が心臓麻痺で死亡」
といった報道をされたこともありますが、これも結局のところ
「育毛剤を使用していた男性が、たまたま同じタイミングで心臓麻痺を起こしてしまった」
という見方をするのが一般的となっています。

 

しかし、身体の異変を感じた場合は育毛剤の使用をすぐにやめ、
医療機関を受診することをおすすめします。

 

育毛剤の安全はどこで見定めるべきなのか

育毛剤の使用を検討する際には、その効果ばかりに目を向けがちですが、
副作用の有無や種類、程度についてもよく調べておく必要があるでしょう。

 

「育毛剤の安全に絶対はない」というのが正直なところではありますが、
新成分を含み注目され始めた育毛剤よりも、

 

これまでの臨床試験データや
販売実績が豊富にある育毛剤の方が安心して使える可能性は高いでしょう。

 

育毛剤も開発・研究が進み、
どんどんと新しい製品が登場していますが、
従来の製品をアップグレードする形で販売する製品も多くあります。

 

どちらが育毛の効果があるか、
どちらが安全そうなのかは、ユーザーがよく見極める必要があります。

 

まとめ:心臓系統への副作用は、過敏に反応する必要はない

心臓系統への副作用は、
動悸、不整脈、低血圧などが挙げられます。

 

どれも心臓系統ということで、命の危険性が疑われるところですが、
重症化するケースは珍しく、
また育毛剤の使用を直接の死因とするような死亡事故も見受けられません。

 

そのため、
心臓系統への副作用に過敏に反応する必要はありません。

 

しかしながら、体質によって合うか合わないかなどの違いはありますから、
注意しながら使う必要はあるでしょう。