MENU

育毛剤の効果を待つ期間と効果を高める方法

育毛剤を使ってから効果が出るまでに、
最低3ヶ月程度は待つ必要があります。

 

人によっては半年から1年ぐらい経たないと
効果が目に見えて分からない可能性も十分に考えられます。

 

薄毛改善効果が出るまでの期間、
ただ単に育毛剤の使用だけで済ませるのは得策ではありません。
より効果を早く実感できる方法や最善の対策をご紹介していきましょう。

 

育毛サプリメントとの併用

最近では育毛剤のみで薄毛治療を行っている方のほうが
少なくなっている傾向があります。

 

サプリメントと育毛剤を併用して、より育毛効果を実感している方が多くなっています。
実際に育毛剤を製造している製薬会社から育毛サプリメントも販売されていて、
成分的に育毛剤と重なり合わないものが製造されています。

 

体の内面からも育毛を促す働けをもたらすものが数多く登場しています。

 

ノコギリヤシやカプサイシン、イソフラボン、オウゴンエキスなど
配合されたサプリメントが人気を集めています。

 

サプリメントを併用することで育毛剤の効果をより短期間で発揮できるとの声も上がっているほどです。

 

食事面でビタミンやミネラルを吸収する

育毛剤の効果を発揮するには、
血行促進作用のあるビタミンやミネラルを中心とした食品を摂ると効果的です。

 

具体的にはグレープフルーツやいちご、キュウイなどのビタミンが豊富に含まれた果物、
ほうれん草やキャベツ、ニンジンなどビタミンとミネラルが豊富に含んだ
緑黄色野菜も薄毛改善に効果を発揮してくれます。

 

血行促進作用を与えるには頭皮周りの毛細血管だけでなく、
肝臓を経由する大動脈など体中の血液循環の流れを良くする必要があります。

 

そういった意味では食事の改善で育毛剤の効果をより強く引き出すことが可能です。

 

育毛剤を夜10時以内に使用する

育毛剤を塗布するのは、できるだけ夜10時前に使用した方が良いでしょう。

 

なぜならば、人間の体のサイクルで夜10時から深夜2時までの間が
髪の成長を促す成長ホルモンの分泌が激しい時間帯と言われているからです。
成長ホルモンの作用を受けるには、その時間帯の前に育毛剤を塗布しておく必要があります。

 

そして、できればこの時間に就寝しているのがベストです。

 

さすがに社会人で夜10時に就寝というのは厳しいかもしれませんが、
それに近い時間帯で就寝することで成長ホルモンの分泌が活発になり、
薄毛の抑制と、薄毛改善効果が期待できます。

 

漠然と育毛剤だけの効果を待つのではなく、
生活習慣の見直しやサプリメントの併用などを行うことで
育毛剤の効果を少しでも早くすることが可能になってきます。