MENU

若年性脱毛症と壮年性脱毛症

脱毛症と呼ばれる抜け毛、薄毛となる症状は、一般的に若年性脱毛症と壮年性脱毛症に大別することができます。
「まだ20代なのに薄毛になってきた」
「50代になったらM字脱毛が進行をはじめた。これって加齢が原因かな」
などと、年代によって脱毛症の原因は異なる場合があります。

 

若年性脱毛症とは

若年性脱毛症は読んで字の如く「若い年齢で脱毛が進行してしまう」症状です。
一般的には20代から30代の脱毛患者が若年性脱毛症とされています。

 

薄毛、脱毛、禿げと呼ばれる現象は、一般的には病気とはみなされませんね。
年齢を重ねるごとによって生じる自然現象の範囲とされています。
しかし、その自然現象がはじまるのは基本は40代からですので、
20代や30代で薄毛が進行するのであれば、何かしら別の原因があると考えることができます。

 

その多くは遺伝ですが、それ以外にもいくつかの外部要因が合わさって脱毛症を併発することが主となります。

 

壮年性脱毛症とは

対して壮年性脱毛症は40代、もしくは50代から発症する、いわば自然現象のくくりです。
M字脱毛、U字脱毛、O字脱毛は壮年性脱毛症を象徴する症状と言われています。

 

この症状が起きたときに「年齢だから仕方ないか」と腹を決めるか、
「禿げは嫌だ!育毛剤で髪を元に戻そう」と若返りを目指すかはご本人次第といったところでしょう。

 

若年性脱毛症とAGA

壮年性脱毛症で説明した
M字、U字、O字脱毛は体の論理的構造状20代から30代の若者に起きるとは考えづらい症状となります。

 

しかし、実際若いうちからこれらの脱毛症に悩んでいる人がいますね。
この若年性脱毛症と壮年性脱毛症を総称した脱毛症が「AGA」と呼ばれるものとなります。
若年性脱毛症の場合は、内臓疾患など体内器官に疾患を患っている可能性もあるので、
一度は病院で精密検査をしてみるのもいいかもしれません。

 

まだまだ外見やファッションを気にする男性にとって、若年性脱毛症は深刻な悩みとなります。
外出するのが嫌になったり、人と会うことを拒否したり、そのような日々が続くと精神を病んでしまいます。
是非、改善へ向けて一歩を踏み出してください。