MENU

薄毛が目立たない!ハゲをカバーする髪型は?

ここでは薄毛が目立ちにくくなる髪型について紹介していきます。
街や駅ですれ違う人で薄毛が気になる人と気にならない人がいますね。
そこにはどんな違いがあるのでしょうか。
人間の錯覚を利用することでハゲを目立ちにくくすることができるんです。

 

 

ハゲをごまかすことができる髪型とは?

 

ハゲをごまかすには薄毛部分と髪の毛の差異を出来るだけ少なくすることです。
例えば生え際との境目で急に髪の毛の本数が増え、ボリュームがあると違和感を感じますね。

 

そういう人は大いにしてカツラの可能性が高いです。
不自然さを生み出すのは生え際から薄毛への移行がはっきり分かれすぎているため。

 

ハゲている人でも薄毛の範囲と、生えている範囲が明確に分かれている人はいません。
徐々に薄毛の部位が広がってきます。

 

それを応用すると例えば頭頂部が薄毛ならば、頭頂部周辺は5ミリ程度の髪の長さにして、前髪になるほど髪のボリュームをアップさせればハゲが目立ちにくくなります。

 

おしゃれな坊主のやり方

 

薄毛をごまかす時、坊主にするのはとても効果的です。
生え際と薄毛の部分が明確に違わなければ一目で薄毛に気づきにくいというメリットがあります。

 

坊主にする時、1センチ程度の髪の毛が理想。
薄毛部分との差異が生まれにくいですから、一瞬でハゲということに気づかれません。

 

そこにオシャレさを出すためサイドは5ミリ程度でまとめ、頭頂部にかけて1センチから2センチほどの長さにすれば、「意図的にスタイリングされた坊主」という印象があり、おしゃれ感が更にアップします。

 

サイドを短くすることで頭皮の肌色の部分の面積が増えるため、一瞬ではハゲと判断しにくい髪型が出来上がります。

 

M字ハゲを隠す髪型とは

M字ハゲを隠したいと思った時、前髪を下ろして隠す方法よりも、かえって短くしてさらけ出した方が自然な仕上がりができます。

 

ツーブロックやベリーショートなど側頭部を短く刈り込むことで地肌とM字部分の境目が目立ちにくくなります。
また、色をちょっとダークブラウンやベージュにすると、境目がより一層目立ちにくくなります。

 

イメージとしては俳優の竹中直人さんのようなイメージですね。
M字部分を短く刈り込み、前頭部の中央から頭頂部にかけてちょっと髪の毛を伸ばします。

 

そうすることでモヒカンのような仕上がりになって、M字部分が薄いからこのような髪型にしているというよりも、意図的にモヒカンに仕上げたという印象を与えられます。

 

髪の毛の色は?

人間は一瞬の判断として色や輝度、反射具合によって判断します。
例えばサッカーで同じような色のユニホームを避けるため、緑と黄緑、黄色とオレンジというような組み合わせで対戦することはありません。

 

色の判別を一瞬で行えないからです。
それは髪色にも共通のことが言え、地肌と髪色が近ければすぐにハゲと気づきません。
逆に薄毛部分の肌色と真っ黒な髪は対照的な色のため、薄毛が逆に目立ってしまいます。

 

実際日本人よりも、もともと髪色が茶髪の西洋人の方がハゲが目立ちにくいですね。
そういった目の錯覚を利用して髪色を変えるのも一つの手段です。