MENU

ピディオキシジルはミノキシジルとほぼ同じ?育毛効果や特徴について

「ピディオキシジル」はどんな成分?育毛効果や特徴について

 

育毛成分のなかでも、
かなりの注目を集めている「ピティオキシジル」。

 

副作用を抑えつつも、育毛効果があるとされるこのピティオキシジルは、
「ミノキシジルと同じなのでは?」とする声も多くあります。
今回はその疑問について、わかりやすく解説していきたいと思います。

 

ピティオキシジルはミノキシジルと同じだけど同じじゃない?

ピティオキシジルがミノキシジルと同一であるとする声の理由としては、
「分子構造がよく似ている」ことが挙げられます。

 

成分を構成している分子の種類や数もとても似通っており、
科学に詳しくない方からすれば、「やっぱり同じだ」と思っても無理はありません。

 

しかし、その効果の詳細については、
ピティオキシジルとミノキシジルでは違いがあるのです。

 

ピティオキシジルはミノキシジルのパワーアップバージョン?


(ミノキシジル配合のリアップx5)

 

ミノキシジルと似た分子構造を持つピティオキシジルですが、
効果はピティオキシジルの方が上回る可能性があります。

 

それはミノキシジルにも含まれていた育毛成分を
ピティオキシジルの方が浸透しやすいように改良されているからです。

 

また、毛母細胞の活性化、頭皮の血管の拡張をサポートする働きもあるため、
外からも内からも髪の毛を元気にする効果があると言えるでしょう。

 

特に毛母細胞の活性化には、「シアル酸」、「PPTE」「EGF」などの成分が働きます。
これらはいずれも「成長因子」とされる成分で、育毛に有効な働きをすることが期待されます。

 

ピティオキシジルはスカルプDのまつ毛育毛にも使われている!

育毛は何も髪の毛だけに限った話ではありません。

 

近年では長く艶やかなまつ毛を求める女性の期待に応えるべく、
「まつ毛美容液」というものが発売されています。

 

その代表格が「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」という商品なのですが、
この商品にも今回紹介させていただいているピティオキシジルが使用されています。
ピティオキシジルを取り入れたまつ毛美容液をすることにより、
「まつ毛に元気が出てきた」
「今までよりも数が増えた」
といった声も多くなってきています。

 

本当に大丈夫?ピティオキシジルの副作用とは

どんな育毛成分を使うにしても、気になるのは副作用ですよね。

 

効果が注目されているピティオキシジルも、やはり「効果がある分、
副作用もあるのでは?」と心配する声があるのも事実です。

 

その点で言えば、ピティオキシジルは
副作用が抑えられている成分としても注目を集めています。

 

ですが、「あれ?ピティオキシジルはミノキシジルとほぼ同じなんだよね?
ミノキシジルは副作用があると噂だったけど…?」という声もあるかもしれません。

 

しかし、ピティオキシジルはその副作用の面においても、
ミノキシジルよりも改良されている育毛成分なのです。

 

粘膜が近いまつ毛美容液に使用されているということを鑑みれば、
その信頼度も高まるのではないでしょうか。

 

もちろん、ユーザーの体質によっては合わないこともありますから、
慎重に扱うということだけはお忘れのないようにしていただければと思います。

 

まとめ:ピティオキシジルはミノキシジルのアップグレード版!

ピティオキシジルは、
分子構造の点から見てもミノキシジルとよく似通う育毛成分です。

 

しかし、その育毛効果の底上げ、副作用の発症率の低下などを鑑みると、
ミノキシジルをアップグレードさせたような育毛成分であることがわかります。

 

まつ毛美容液など育毛に関する幅広い分野で使用されているピティオキシジル。
今、目が離せない育毛成分の一つと言ってよいでしょう。