MENU

フィナステリドの効果と副作用とは?

AGA治療を語る上で、必ず知らなくてはいけないのが、
薄毛の進行を抑えるフィナステリドと、発毛を促すミノキシジル

 

という薄毛に「効く」2つの薬効成分です。

フィナステリドの歴史

フィナステリドはもともと髪を増やすために開発されたわけではありません。

 

前立腺肥大症の治療のためのプロスカーという飲み薬として1992年に発売されました。
前立腺肥大症は、大人の男性に特有の病気で、ずばりAGAの発症と性別や年齢が重なります。

 

 

そのため、投与していた患者の中に毛髪が増えるという事例が多く確認され始めると、
AGAへの投与に対する研究が一気に進みました。

 

 

そして、1997年に医師が処方する内服のAGA治療薬としては
世界で初めてアメリカ食品医薬品局 (FDA) に認可され、
【プロペシア】の商品名で発売されるに至ったのです。

 

発売後すぐに世界中で大ヒットし、今では世界60カ国以上で販売されています。
日本では2001年より臨床試験が開始され、2005年12月から【プロペシア】として販売開始されました。

 

悪玉酵素の働きを抑える

フィナステリドには、正常な毛の成長を阻害する悪玉ホルモンの5α-DHTの発生を抑える働きがあります。
その5α-DHTの発生メカニズムである、5α-リダクターゼの活動を抑えるのです。

 

今までの育毛剤は、血行の悪くなる頭頂部には効果があっても、
5α-リダクターゼの多い前頭部には余り効果ありませんでした。

 

 

それと比べると、薄毛メカニズムに直接働きかけるという点で、
前髪にも効果がある、まさに従来の育毛剤にはなかった画期的な薬です。

 

この効果は明確なデータとして表れています。
20〜50歳の中程度までのAGA患者に対しての国内臨床試験のデータでは、
3年間で78%の改善効果があり、また、20%には3年経っても現状維持の効果がありました。

 

 

つまり合算するとなんと98%以上の男性の悩みを低減した事になります。
まさに、薄毛に「効く」薬であると言えます。

 

効くのは薄毛の進行だけ

フィナステリドの効能は、
進行性の薄毛のメカニズムに作用してその進行を確実(98%)に抑える点にあります。
決して、毛を生やしたり、増やしたりする点が評価されているのではありません。

 

5α-リダクターゼの活動を抑えて、ヘアサイクルを健全に保つ薬ですので、
効果が見られるまでには6ヶ月以上の連続投与が必要です。

 

 

また、髪が増えたという人は半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%となっており、
発毛に対してある程度の結果は出ていますが、絶対的に生やすという訳ではありません。

 

そして、大きな問題として、薬の服用によって脱毛のメカニズムに直接作用するだけなので、
服用を止めるとまたAGAは進行してしまいます。

 

 

そのため、発毛の効能があるミノキシジルとの併用が勧められています。

 

副作用

効く薬だからこそ、副作用もあります。

 

臨床試験で確認された副作用として、
1.1%の方に性欲減退、0.7%に勃起不全が観察されました。

 

 

これらは薄毛と同じく男性を大きく悩ませる副作用であり、
これがあるからこそ、必ず効くフィナステリドではありますが、万能と言えないのです。

 

 

また、重大な副作用として肝機能障害が現れた例もあります。
そういった副作用の可能性を合わせて、使用を検討しましょう。

 

入手方法

開発の歴史からもわかるように、
フィナステリドは臨床試験を経て認可された医薬品ですので、医者の処方が必要です。

 

 

なぜ、こういった縛りを付けるのかと言えば、効く薬だからこそ、
その副作用も明確に確認されているからなのです。

 

 

現実には、医者に行かなくても個人輸入の代行業者から買えば病院で買うよりも値段もかなり安く手に入ります。
しかし、そういった場合には上記のような副作用に注意して自己の責任の上で使用しましょう。