MENU

亜鉛なしでは毛が生えない?亜鉛の必要性と取り方とは

薄毛対策に絶対に必要な栄養素「亜鉛」。

 

高校の化学の授業で習ったかも……
くらいであまり日常生活では意識しない亜鉛ですが、
発毛を目指す人は知っておくべき栄養素です。

 

薄毛のあなた、その薄毛、亜鉛のせいではないですか?
亜鉛の働きと、亜鉛を取る方法を勉強していきましょう。

 

亜鉛の働き@髪の毛を作る

亜鉛が発毛に必要な栄養成分である理由は大きく二つあります。
まず一つが、亜鉛には髪の毛を作る働きがあること。

 

髪の毛の90%はケラチンというたんぱく質です。
このケラチンは18種類のアミノ酸からなっているのですが、
ケラチンを作る際の触媒酵素としての働きが、亜鉛にはあるのです。

 

触媒酵素とは、化学反応を促す物質のことで、
アミノ酸が化学反応してケラチンを作る反応を亜鉛が進めてくれるのです。

 

つまり、亜鉛が不足してしまうと、
髪の毛の主成分であるケラチンを作ることができず、
毛が細く弱くなってしまうのですね。

 

亜鉛の働きAプロペジアと同じ作用

二つ目が、5αリダクターゼの抑制効果。

 

ん?これどこかで聞いたことあるような……そうです!
ハゲの特効薬「プロペジア」が持つ作用です。
プロペジアと同じ作用が亜鉛にはあるんですね。

 

しかし、最近少し気になる報告もあります。
それが亜鉛には5αリダクターゼを阻害する効果はなく、
逆に過剰摂取でDHTを増やしてしまうという報告です。

 

まだまだ報告が少なく、どちらの結論に行きつくのかはわかりませんが、
適量でDHTを増やすという報告ではないので、
過剰摂取にならないよう適量の亜鉛を取るようにしましょう。

 

カキやレバーがおすすめ。亜鉛の取り方とは。

亜鉛の1日の摂取量の目安は2.1mg〜15mgと言われています。

 

先ほど書いた通り過剰摂取は
薄毛にとっては逆効果になる可能性もあるので、過剰摂取には注意してください。

 

以下に亜鉛が多く含まれる食品をまとめておきます。

 

食品 食品100g中の亜鉛の濃度
牡蠣(かき) 13.2mg
豚レバー 6.9mg
かに缶 4.7mg
牛肩ロース 4.6mg
卵黄 4.2mg

 

亜鉛は、一緒に食べるものに少し注意が必要になります。
カルシウムや食物繊維、紅茶などに含まれる
タンニン、カフェインなどと結合すると吸収が悪くなると言われています。

 

亜鉛を取るときには、これらの成分の入った飲み物と一緒に食べないようにしましょうね。

 

亜鉛の過剰摂取による副作用

また、亜鉛を取るための方法として、
サプリメントもありますが、過剰摂取にならないよう注意しましょう。

 

1日1000mg以上という非常に多い量を食べると、
急性亜鉛中毒を引き起こすことがあります。

 

おう吐や吐き気、下痢、腹痛、めまい、
倦怠感などの症状が出た場合は、急性亜鉛中毒かもしれません。

 

また、長期的に亜鉛を取りすぎた場合には、AGAの進行以外に、
味覚障害が出ることもあります。

 

過剰摂取はAGAを進めてしまうことになりかねませんので、注意が必要ですね。