MENU

ポリピュアに配合されているバイオポリリン酸ってどんな成分?

バイオポリリン酸の成分詳細|ポリピュアEXの効果を支えるチカラとは

 

ちょっと名前の可愛い「バイオポリリン酸」。

 

この育毛成分は、【7年連続でモンドセレクション金賞受賞】している、
育毛剤「ポリピュアEX」の根幹を担っていると言っても過言ではない重要な成分です。

 

今回はこのポリピュアEXを支えるバイオポリリン酸の力についてご紹介します。

 

ちょっと待って!ポリピュアEXってどんな育毛剤?

バイオポリリン酸を紹介するにあたっては、
そもそもポリピュアEXがどんな育毛剤かをご紹介しなくてはなりませんよね。

 

ポリピュアEXは冒頭でもご紹介しましたように、

 

【7年連続でモンドセレクション金賞受賞】
を成し遂げるほどの実績が報告されている育毛剤です。

 

開発には17年以上の歳月を要しました。
効果としては
・抜け毛や薄毛の予防
・発毛促進
・頭皮のふけやかゆみの発生を抑える
などがあります。

 

同商品は育毛剤そのものだけでなく、
その働きをサポートするためのノンシリコンシャンプーなども発売しています。

 

頭皮の皮脂を綺麗に落とし毛穴を綺麗にすることで、
髪の毛にとって良い環境を整えることがこのシャンプーの主目的になります。

 

効果が凄いバイオポリリン酸は偶然の産物だった?

ポリピュアEXが発揮する効果はいずれもバイオポリリン酸の働きが大きく関わっています。

 

バイオポリリン酸は、ポリピュアEXの開発責任者である柴肇一氏がその効果を見出し、
ポリピュアEXとしての製品化に成功しました。

 

スタンフォード大学出身の同氏は、1993年頃より同大学で本格的な研究をスタートとさせ、
約17年の時を経てその研究を一定の地位に押し上げました。

 

バイオポリリン酸は彼が研究していたポリリン酸の研究を進めていく上で見つかったのです。

 

彼の根気強く地道な研究無くして、
今日のバイオポリリン酸の働きは解明されることもなかったでしょうし、
当然のことながらポリピュアEXの開発も成功しませんでした。

 

ポリピュアEXは副作用があるの?医薬部外品に記載されているけれど?

バイオポリリン酸の成分詳細|ポリピュアEXの効果を支えるチカラとは

 

ポリピュアEXは「医薬部外品」としての位置付けがなされています。

 

医薬部外品というのは一言で言いますと、
「登録に置いて厳密な審査を乗り越えた製品」ということになりますでしょうか。

 

この審査のなかには副作用についてのチェックもあり、
その審査においても「副作用が起きにくい低刺激性である」といった見方がなされているようです。

 

低刺激性ということで、育毛剤および育毛成分にありがちな
「頭皮のかぶれ、赤み、ヒリヒリ感」などが出にくいということになります。

 

それでも肌の体質は人それぞれですから、
絶対副作用が出ないとは言い切れないでしょう。

 

ただ、医薬部外品としての扱いがなされているということは、
数ある育毛剤のなかでは大きなアピールポイントでしょう。

 

まとめ:バイオポリリン酸なくして、ポリピュアEXの功績もなし!

今回ポリピュアEXにおけるバイオポリリン酸の働きを解説するにあたって判明したのは、
バイオポリリン酸によって多くの有効な育毛効果があることと、
バイオポリリン酸の存在なくしてポリピュアEXの功績もなかったということでしょう。

 

医薬部外品としての扱いがあり、モンドセレクションで金賞を立て続けに受賞していることを鑑みれば、
かなり信頼できる育毛成分および育毛剤と考えて良いのではないでしょうか。